【人と仲良くなれない】原因は相性だけではない!!

スポンサードリンク

人と話すのが苦手。

何を話したらいいかわからない。

どんな相槌をうてばいいのかわからない。

そんな不安を抱えながら人と関わり、
人と仲良くなれないと悩んでいる方は多いことでしょう。

今回はコミュニケーション能力が必須な介護職をしている私が実施する
人と仲良くなれるコツを紹介していきます!!

【人と仲良くなるってどういうこと?】

私は【口下手でも彼女が欲しい】長久手イオンデートしかない!でも書いたように口下手で誰かと話す事がすごくすごく苦手でした。

しかし読み続けているジャンプに出てくる流行語がわからなくなるほど介護士として歳を重ねた結果、「誰とでも仲良くなれそうなのに!」と言われるほど、人と仲良くなる術を身につけました。

人に興味が薄いため普段から実用してはいませぬが・・・。

人と仲良くなれないと悩む多くの方は、

人と仲良くなるのが上手な人がうらやましい。
みんなが仲良くしている輪に入れない。
親友ができたことがない。

などの悩みから自分だって人と仲良くなりたいと考えています。

では「仲良くなった状態」とはどういった状態なのでしょう?
私は相手が親友のように自分に何でも打ち明けてくれる状態じゃないかなと思っています。

相手が自分に心を開いてくれたらとってもうれしいし、色々なことを話せる人がいるってすごく幸せなことですよね!

では「心を開いてもらう」為にはどうすればいいか?

これはめっちゃくちゃ簡単です。

相手の話を全力で聞くだけです。

【相手の話を全力で聞くとは?】

相手の話を全力で聞く・・・?

そんなのいつも当たり前にやってるよ!
相手の話を聞こうにも相手が話してくれないし
会話が盛り上がらないから仲良くなれなくて困ってるんだよ!
といった声があがってきそうですが、

それはあなたが
相手の話を全力で聞けていない証拠です。

多くの人は誰かに自分を理解されたい、聞いてほしいと願っています。
そしてそんな人に対して心を開きます。

あなたにとってどんな人が心を開きやすく話しやすい人ですか?
あなたの話に耳を傾け、話をしっかりと聞いてくれる人じゃありませんか?

相手に心を開いてもらうためには、あなたはしっかりと相手の話に耳を傾け、話をしっかりと聞きとり、相手に「あ、私の話をしっかりと聞いてくれてる。」「この人には話し易いなぁ」と感じてもらわなくてはいけません。

あなたが相手の話を全力で聞けれていれば、自然に相手は心を開いてくれるはず。
その昔、エロ本の隠し場所を親にばらしたりしてなければ仲良くなれないなんてことはまずないはず。

ここからはどんな風に聞けば相手に「この人は私の話をしっかり聞いてくれる!」と感じてもらえるかを紹介していきます。

【話を聞く姿勢】

あなたは人と話をするとき、どんな姿勢で話を聞いていますか?

こんな姿勢ですか?(今は顔面偏差値の話はしていません。)

こんな姿勢ですか?

 

1枚目の方があなたの方を向き、目を合わせてくれていて、あなたの話を聞いてくれているように感じますよね。

このようにしっかりと相手の方を向き、目をあわせて話を聞くようにしましょう。

【相槌をうとう!】

相手の方を向いて、目をあわせても、無言でその状態を続けられたら怖いですね。
「デューク・東郷か!」ってなりますね。寒いですね。

なので適度に相槌をうちましょう!相槌はどんな言葉でも話にそった相槌ならばOKです。

例えば「うんうん」「そうなんだ」「へー」「ほうほう」「それでそれで」「おおー!」「だねだね」「あー」「・・・(うなづくだけ)」などなどetc…。

タイミングとしては話の内容にもよりますが相手が
「~~~だから」「~~~でさぁ」「~~~だったんだ」など
話の節目に会話のリズムを崩さない程度に

悪い例と良い例をあげてみましょうかね。

【悪い例】

語りたがり
おはよー。昨日さー謙虚なやつと仕事したんだけどさー。
仲良くなれない人
ヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガヨガ
語りたがり
お、おん。そうだねん。

 

【良い例】

語りたがり
おはよー。昨日さー謙虚なやつと仕事したんだけどさー。
相槌マン
おー!そうなんですね!
語りたがり
そうそう。そいつがすごくてさー!
相槌マン
ほうほう!
「お仕事もお給料も両方いただけるなんて、そんな、恐縮です……私はお給料だけで結構です……」なんていうんだよ。
相槌マン
そうなんだ(笑)
語りたがり
今度会わせたいわ!
相槌マン
ぜひぜひ!

このように無言や、こちらがしているヨガの話をしてしまうと、相手は自分が話したかったことがうまく話せず、心を開いてはくれません。

100パーセント親友にもなれません。

相槌を打ち、相手が本当に話したいことを話してもらう。
もし会話がつまづくようであれば
「それでそれで?」「どうだった?」「楽しかった?」「つらかった?」など、
どんな風にでも答えれるような質問をしてみると良いでしょう。

【まとめ】

話を聞くときは、その時の相手の立場になって、その時の気持ちを想像しながら聞いてみるとそれだけで仲良くなれないが改善します!

人と仲良くなれないと悩んでいる方は、話の聞き方が不十分だったのかもしれません。

もし自分の話の聞き方が悪い例のようになっている方は、聞く姿勢を見直して、相槌と答えやすい質問を試してみると何かが変わるかも!

最後まで閲覧ありがとうございました!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya