【決断力】言う勇気を持とう。

スポンサードリンク

あなたはこんな経験がありませんか?
あれ?私はこうだと思うんだけど、これって言ったらおかしいかな・・・?
言わない方がいいのかな?言った方がいいのかな?
ワッカンネェエエエエエエエエエエエ。

というように相手の気持ちに配慮したり、その後の流れを想像して、
もしかしたらという不安に襲われ、発言を選ぶ経験を。

私は最近こんな経験をしました。
こんなときあなたならどうしますか?
メンタルトレーニング記事としてこちらもおすすめ
・【継続は力なり】目標を達成する方法

・私がコンプレックスに負けなくなった理由

・人生をトウモロコシから学ぶ【学び場は学校だけではない】

・一人行動できないはもう卒業!【一人映画】

wpid-dsc_1698.jpg

店員さんがおつりを渡し忘れる

私がコンビニでお昼ごはんを買っている時、事件は起こりました。
その日、私は他事で頭がいっぱいだった為、
財布の中身を見ず、お会計を済ましました。

「600円ですね。1000円からお預かりしますー。」
レジが開き、それを閉める音。
「お好み焼き暖めますねー。」と店員さん。
私の手元にはレシート。

あれ・・・?400円は・・・?
1000円ー600円は、4・00・・円・・・?
あってるよな。俺間違ってないよな
一瞬で何度も計算を繰り返す。
コンビニのレジでおつりを渡し忘れられるという怪奇現象経験。

現状の再確認と苦悩

財布にはたくさんの小銭
「あれ?もしかしておつり渡されて無意識に財布へ入れた・・・?
頭のついていかない現状に対して、
自分の理解できる範囲内で把握しようとする
社畜ならではの悪い癖を発揮。

「すぐ言えなかったし、もうあきらめようかな・・・?
「いや、本当におつり渡されてなかったらもったいないし・・・。」
「いやでも、渡しましたよ?って言われたらどうしよう・・・。」

ボーとしながらお会計をした自分のせいでもある?と考えながら
なんとか思い出そうと必死で記憶を辿る数秒間・・・。

言うべきか?言わざるべきか?

大仏

後悔したくないという気持ちが勝る私。

冷静に考えていうべきだな。
400円なんて私からすれば大金
言わずに後悔するより言ってすっきりしよう!
渡したと言われたら・・・、またその時考えよう

「あの。おつりを受け取ってないんですが・・・。」
と伝えてみると、
「あ、ごめんなさい。渡すの忘れてましたね。」
と申し訳なさそうにおつりを渡してくれた店員さん。

ハニカミ笑顔の可愛い店員さん。

むしろ忘れてくれてありがとう可愛い店員さん。

言う勇気のおかげで得れたもの

もし言わなければ
-400円。
言わなかった後悔。
という最悪な状態だった事でしょう。

そしてここで重要なポイントは、
店員さんのハニカミ笑顔が
めちゃくちゃ可愛かった事

これはまさに言う勇気を発揮した事により得れた、最高の副産物

言う勇気の大切さ

最初から読んでくれている方は
そんな小さい事で。と思っているかもしれませんが、

これはどんな事に対しても、とても重要な事なのです。
例えば、あなたの仕事で自分が思っている事と違う方向に
物事が進んでいるとしましょう。
あなたは「こっちの方が正しいのに」と思っているのに言わないとします。

すると、あなたが言っておけば防げた出来事がおきた時に
言っとけばよかったなぁ。と後悔しますよね。

もしも言っていたとしたら、あなたは後悔する事はなく、
言ったことによっておきた出来事が不利益だったとしても、
今回言った事の何がいけなくてこうなったのか
考えて反省し、次に生かす事ができるでしょう。

そして自分の頭で考え、発言し、行動するあなた
頼りになる存在として、信頼の置かれる立場になれるはずです。
そして決断力を持つ人間というのは総じてモテるはずなのです!
私と同じ、モテない系男子であるという自覚のある方!
決断力を身につけましょう!!!

まとめ

・自分が言うべきか言わないべきかよく考えよう。
・言うべきだと思ったなら勇気を持って発言しよう。
・それを言わなかったらずっと後悔してしまう。
・言う事で得れるものはたくさんある。
・もし間違えたとしても、経験として次に生かせば良い。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya