【マスク依存症】顔を隠したい心理?どう治せばいい!?

スポンサードリンク

突然ですが最近、マスクを常につけていませんか?

・マスクをつけていると顔を隠せて安心する。
・人と関わる時にマスクをつけていないと不安。
・マスクをつけた自分の方が可愛い(かっこいい)と思う。

そんな心理状態が身に覚えのある方は、
マスク依存症に一歩足を踏み入れているかもしれません・・・!

今回はそんなマスク依存になってしまう心理や
治し方について紹介していきます!!

【マスク依存症とは?】

 

マスク依存とは、
マスク本来の目的(感染予防や喉の保湿等)ではなく、マスクをつけることによる安心感などでマスクを手放せない状態になってしまうこと。

マスクをつけている人は街中に多くいますが、
例えば
花粉症予防でのマスクや、
風邪をまわりにうつさない為のマスク、
病院などに行くときのマスク、
これらはマスク本来の目的なのでマスク依存症とは違います。

顔にコンプレックスがあるからマスクで顔を隠したい。
マスクをつけている時だけは緊張せずに人と話せるから。
口臭が気になるし、口の中を見られたくないから。
といった心理からマスクが無いと絶対に無理!
と思ってしまう方は、マスク依存に陥っているかもしれません。

【なぜマスク依存症になる?】

 

私の友人に実際にマスク依存症のようにマスクを手放せない人がいるため
心理状態をみっちりインタビューさせてもらってきました!

25歳女性、医療職、マスク依存歴6年のAちゃん。
彼女はなぜマスク依存症になってしまったのか…。

【インタビュー開始】

いきなりですが、どうしてマスク依存になったんだと思います?
Aちゃん
えっと。。。マスクつけたいんですけど
話し易いようにしてもらって大丈夫ですよ。

【マスク装着後】

Aちゃん
ってかさ?なんで敬語なの?
あ、ごめん(怖)
Aちゃん
マスクがあるとさー。顔隠れるじゃん?目元だけなら私可愛いからさ?でしょ?
う、うん(怖)

マスクをつける前は目も合わしてくれなかった彼女が、
マスクで顔を隠した途端に鬼のような目力で語りかけてくるように…。

Aちゃん
マスクない状態で私と顔合わせるとか無理じゃんね!でしょ?(笑)
う、うん(笑)
Aちゃん
は?いい加減にしろよてめえ
ごめんなさい。

顔を隠しただけ。

たったそれだけででこれほどまでに人は変われるのでしょうか。

逆に人間不信になりそうです。

Aちゃん
ご飯の時以外マスクつけてるからね(笑)なんなら食べる瞬間以外マスクだし。
それはなぜ?
Aちゃん
えー。やっぱ顔も口元も隠したいし。
なんで顔や口元を隠したいの?
Aちゃん
自分が気にしてるブサイクな部分とか見られたくないじゃんね。だからマスクつけてると安心だし。
自分でブサイクだと思ってる部分を見られると嫌なの?
Aちゃん
人から自分の顔がどう見られてるかって誰でも気になるじゃん!嫌じゃない?
ふむふむ。人から自分の顔をどう見られているか気になって、コンプレックスを隠す為にマスクをつけてるってこと?
Aちゃん
そんな感じかなー!顔の輪郭とかも隠れるから、その分可愛く見えるしさ!(笑)
あー、確かに(笑)
Aちゃん
黙れブサイク

はい。今回知り得た情報は、
Aちゃんは人からどう見られているかが気になり、マスクで顔を隠したいから
という心理からマスクをつけている。
マスク依存症の多くの人がその理由だと思う。
ブサイクは女に優しくされない。
といった感じですね。

【マスク依存症の治し方は?】

 

彼女の顔を隠したい心理状態に共感できた方も多いのではないでしょうか?

それでは、どうすればマスク依存症から抜け出せるのか?
その方法をいくつか紹介していきたいと思います。

【口臭を無くす】

口臭が気になってマスクをつけている方は
まず、口臭をなくしましょう。
【知覚過敏】歯磨き粉見直したら冷たいものしみにくくなりました
を読めばすぐにでも

シーハーハーシーハーハーシーハーハー
シーハーハーシーハーハーシーハーハー

歌いだしたくなるはずです。

【コンプレックスを無くす】

顔にコンプレックスが多く、
自分の顔を隠したい心理からマスクをつけている人は、
【克服できない!?】私がコンプレックスを克服できた理由
を読んでコンプレックスに負けない自分を作りましょう。

自分の顔を気にしているのは自分だけです。
他人はあなたのことをそこまで気にしていません。

【マスクを一気に無くさない】

「依存」とつくことからわかるように、
マスク依存は精神的な負担がとても大きいものです。

一気に無くすと
その穴埋めの為に他の何かに依存してしまったり、
例えば精神的に不安定になりすぎてしまったり、と
日常生活に支障をきたす恐れがあります。

自分の内面と向き合いながら、
例えば通勤の時はマスクをはずす、
ご飯の時はマスクをはずす、などなど
マスク依存を抜け出せそうなところから始めていきましょう。

【まとめ】

マスクは気軽に手に入り、多くの人が普段から装着しているため、
自分が気付かないうちに依存している可能性があります。

自分がなぜマスクをつけるのか?
顔を隠したいからつけているのか?
マスクが手放せなくなっていないか?

今一度、本当にマスクが必要なのか、
マスクをつける理由と向き合ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya