【朝の眠気に】起きてすぐやる目覚まし方法!

スポンサードリンク

ジリリリリリリリ

ポチッ

ジリリリリリリリ

ポチッ

ジリリリリリリリ

「うるっせえ゛ぇぇl!」

「お前がうるさい。」

隣で寝ている嫁、旦那にこういわれる朝を繰り返してはいませんか?

今回は朝目覚めた後、眠気を即効で晴らし、朝からすっきりした気分で過ごせるようになる方法をいくつか紹介していきます!!

【朝、すっきり目覚める方法は?】

朝すっきり目覚める方法のひとつとして
【裸族】裸で寝る癖がついた私という記事で≪裸で寝る≫を推してきました。

でもあまり一般的じゃない。変態的じゃない?との意見もあるため色々と調べてみましたが、

調べても調べても睡眠時間が不足してるとかレム君がノンレム君とあーしてこーしてつながってとか小さい頃、親にどうして子供はできるの?どこから生まれてくるの?って聞いた時のあの「こうのとりがっー、なー、おまえー、なー、なー?」と同じようなことしか書いてない。

世の中どうしてこういう疑問を簡単に解決出来る方法を記事にする人がいないんでしょう・・・?そんな天才どこかにいないですかね・・・。天才、天才っと・・・、

いました。

うちの相方しょーきさん。
朝の目覚めが悪い人へ寝起きが変わるかもしれない無料スマホアプリという記事を書いていました。朝、すっきり目覚められない人への解決策が知りたい人はそちらをどうぞ!!(わざとらしい誘導サーセン)

 

今回は起きる時のすっきりした目覚まし方法ではなく、

朝起きてから、ボーっとしてしまう、眠気がとれない場合のすっきり目覚まし方法を紹介します。

今まさにうとうとしながらこの記事を読んでいるあなたにとって即効で実践できる最強記事に仕上げていきますぜ!!

【朝の眠気の目覚まし方は?】

しょーきと私は朝一から集まり眠気でぼーっとする状態でも、美女がスカートをはいて歩いていたら一瞬で反応できます。自信と実績があります。

人それぞれ違いはあれど、眠気から一瞬で目が覚める瞬間ってありますよね。
それはどんな場合であれ、外からの刺激をうけ「うとうとしてる場合じゃない」と思えたときではないですか?

そう。朝、目が覚めて眠気が続くのは

全身に刺激が足りていないから

朝起きてからの刺激がスマホの音ではなく、電気椅子であれば目が覚めたあとの眠気などとは確実に無縁。電気椅子では少し気持ちよすぎてドMには依存性も強そうなので、誰でも朝の目覚まし方法として簡単に利用できる電気椅子に変わる方法を見つけてきました!

【朝の眠気 目覚まし方法①】

朝の眠気に打ち勝ち、起きてすっきり目覚める為に、
まず始めにやることは、

顔を洗うことです!

朝一で夫婦喧嘩などをして顔面をビンタされたら痛いですね。目もさめますよね。すぐにでも行動しなくては。となりますよね。実体験に基づくかはさておいて、顔はとっても刺激を受け易い箇所です。

朝起きたらまず顔を洗って、一瞬でもいいので目を覚ましましょう。ついでに自分の顔を見つめてあげてください。私の場合は自分の顔を見ると悲しくて目が覚めます。

【朝の眠気 目覚まし方法②】

顔を洗って皮膚を目覚めさせた後は、

歯を磨きとうがいをしましょう!

朝ごはん食べた後に磨くし・・・。なんて考えていては眠気は取れません。歯を磨くと歯茎や舌、お口の中の様々な部分を刺激できます。うがいをすることで喉や肺も刺激できます!

ぐっすりスーピカ寝ていた間に口の中で繁殖した細菌のせいで発生する、モルボルのような臭い息も防げて一石二鳥。「息が臭いから一緒に寝ない」なんて言われることもなくなります。

【朝の眠気 目覚まし方法③】

皮膚・口・喉・肺を刺激できたら、続いては

とにかく歩き続けましょう!

人は【東海で山登り】初心者が猿投山へ弾丸ツアー。も紹介しているように、
リフレッシュの方法としてよく運動をしますよね。それは血流をよくしたり、体に刺激を与えることで、脳を活性化させようとしているから。

ってことは朝の眠気だって歩いて体を動かせば目覚めてくれるはず。眠かろうがだるかろうが家族に邪険にされようが、家の中を歩き続けましょう!

【朝の眠気 目覚まし方法④】

そして、最後に・・・。

コップ2杯の水を飲みましょう!

人は夜中寝ている間に、体から液体を出し続けます。
夏の朝などは特にですが、起きた時はある程度の水分を必要とした状態になっているのです。

「朝おしるこ飲んだから大丈夫」とよく言ううちの親もいますが、おしるこは水分か・・・?って感じなので水にしましょう。コレだけでも体が自然と目覚めてくれます!

【朝の眠気 目覚まし方法⑤】

最後の最後に・・・。これだけの目覚まし方法をやっても朝の眠気がまだ残っているというゴリゴリに凝り固まった脳の方は、

超簡単な計算をしましょう!

皮膚、口の中、喉、肺、筋肉、脳、これらすべてに刺激を与えたところで、刺激だけでは足りずに眠気が残ってしまうのは、頭を使う事例がないと目がさめないという天才脳なのかもしれません。

というわけで実際に脳を使いましょう。といっても難しい計算問題をしたところで意味はありません。軽く脳をウォーミングアップさせるつもりで、二桁の足し算や引き算などのすぐに答えられる問題を解いていきましょう。

目が覚めるまでとき続けるのではなく10問~20問程度で十分ですので!

【まとめ】

朝からこんな風にかっこよすぎるジャケット写真を取りたければ

①顔を洗う
②歯を磨く
③歩き続ける
④水を飲む
⑤簡単な計算をする

をやってみましょう。①~④は私も実際に行っていますが、十数分後位にはもう眠気がなく、ベストパフォーマンスを朝から生み出せる状態になっています!

電気椅子がお家に無い方は一度試してみてはいかがでしょう!

最後まで閲覧ありがとうございました!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya