花火の人混みや渋滞がイヤなら、周辺の格安宿泊先がお勧め!

スポンサードリンク

夏と言えば、皆さん大好きな花火ですよね。
私も花火が大好きで、つい先日も国内で有数の3万発の色とりどりな花火が見られる
長良川花火大会に行ってまいりました。

有名な花火大会であるために、想像以上に人混みができており、花火開始3時間前でも、
長良川花火大会の会場行きバスは超満員のあり様。

しかし、私と嫁は花火大会の人混みにも紛れず、太陽が照りつけた後のアスファルトの蒸し暑さも感じず、
帰りの渋滞の心配もすることなく、花火を楽しむことができました。

そこで今回は、私たちが長良川花火大会を楽しむために、
数か月前から遂行していた作戦をご紹介したいと思います!

花火が好きだけれど人の多さ、治安・蒸し暑さ・花火大会後の渋滞が気になり、
花火を存分に楽しむことができなかった人必見です!

花火は会場ではなく宿泊先から見るべし!

花火を見ると言うと、花火大会の会場に足を運ぶイメージをする人が多いと思いますが、
花火は高い位置で爆発するため、わざわざ会場に足を運ばなくても結構見れます。

そのため、私がお勧めする花火会場は、花火の見れる宿泊先です。
宿泊先から花火を見れば、人混み・暑さ・帰り道の渋滞の心配もなくなりますし、
人目を気にせず花火デートを楽しむことができるため、お勧めです。

特にお勧めなのは花火が見れる会場から徒歩30分くらい離れた場所

花火通
分かってないなぁ~。近くで見るからこそ、花火の爆発音と迫力が味わえるんだよ~。

というような、こだわりがある人とは無縁になるかもしれませんが、
あえて離れた場所の宿泊をお勧めするのには理由があります。
それは、花火周辺の宿泊はシーズン中、信じられないくらい料金が高いからです。
その額なんと…1泊5万円以上!(長良川花火大会の場合)

しょーき
ふ…ふざけてる…

1泊5万円以上の値段設定でも、花火周辺の宿泊先の予約はすぐに埋まってしまうらしい…。

しょーき
金持ちどんだけいるんだよ!?

確かに、金よりも思い出のほうが重要とは思いますが、1泊5万円以上は…財布に厳しすぎるため、
花火近くの宿泊先はお勧めしません…。

一方、私たちが宿泊した、花火大会から徒歩30分くらい離れた場所は1泊5千円
その差額なんと10倍以上

花火に対してこだわりを持たないのであれば、1泊5千円の良い環境で花火が見れるのは、
すごく魅力的だと思いませんか?

安くて花火の見れる宿泊先を探すにはとにかく交渉!

では、安い宿泊先を見つけるためには、どうすればいいか?

それは、花火会場周辺の宿泊先で、シーズン中にも値段を上げていないところに
片っ端から交渉あるのみです!

今の時代、ネットで「(花火大会の名前) ホテル」と検索すれば宿泊先はゴロゴロ出てきます。
なるべく安いところに片っ端から電話をかけてみましょう!

そして

しょーき
花火、見れますか?

と聞いてみてください。

実際に私たちもネットで調べ、電話で宿泊先に直接花火の見れる部屋に泊まりたいことを交渉しました。
そのおかげで、1泊5,000円で、花火の見れる部屋に泊まることができたのです!

花火大会に行く予定があるなら宿泊先はできるだけ早く予約!

もし、花火大会に行く予定があるのなら、例え数か月後だとしても宿泊先を予約しましょう!
未来は予測できないため、数か月後の予約をするのは少し悩んでしまいますが、
最悪断ればいいだけですから、とりあえず予約をしちゃいましょう!

と言うのも、シーズンに近づくと、近くの宿泊先に泊まれずにあぶれた人たちが、
こぞってなるべく近くの宿泊先に予約するので、すぐに一杯になってしまうのです。
私たちは花火大会の4か月前に予約を取りましたが、1か月前ではもう手遅れなのでご注意を!

また、早めに予約をすることで早得割と言われる、割引を受けれるところもあります。
なんでも早め早めが一番!

花火大会に行く計画をしている人は、とりあえず予約を最優先させましょう!

1泊5,000円の宿泊先から見る花火

数か月前から予約し、花火大会の会場周辺の宿泊先が1泊5万円以上が基本なのに対し、
1泊5,000円という格安ホテルに泊まった私たち。
正直、花火には期待が持てないとも考えておりましたが…

IMG03171

私には見える!

夕空に颯爽と現れた現代の魔法!花火が!
下の方で打ちあがっている花火は見れませんでした…。

どうでしょうか?
期待はずれの大きさと思った人もいるかもしれませんが、私たちには十分でした。

クーラーで冷えた部屋の中で、好きな音楽に酔いしれながら、ベッドの上に寝転がり、
ビールとチーズを片手に花火を鑑賞。時折、人目もはばからず花火よりも熱いキッスを交わす

こんな幸せ、あるだろうか?

この幸せは5,000円をはるかに超えていることはお分かりいただけると思う…。

花火デートや、家族で花火を楽しむ際は、皆さんも是非、
シーズン中に値段を変えていない花火の見れる宿泊先を、早めに予約を入れてほしい!

そして、ビール片手に満面の笑みで

しょーき
た~まや~

と、夏の風物詩、花火を楽しみましょう!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1991年10月9日生まれ
小中学校と全く勉強もせずに、遊びほうけていた私。偏差値の低い高校に入学し、テストで良い点を取れるようになるも、2年生になる頃には赤点の常連に。
そんな頭と顔の悪い私が、高校2年生のときに運命の人と付き合えることに。
色々なところに旅行へ出かけ、相思相愛だと信じ込むも、彼女が浮気していることを知る。応援団の団長で1,2,3年をまとめたり、文化祭にてウォータボーイズをするなど、積極的に活動する。
遊びほうけていたためあまりにも頭が悪く、大学に行けなかったため、専門学校に入り、1日10時間勉強する環境に身を置く。初めての勉強でストレスにより頻尿になり、20歳にて初ハルンケア。24歳で初めての詐欺被害(投資詐欺)により150万円を騙し取られる

人生何とかなるなる精神で頑張りましょう!
Twitterアカウント
https://twitter.com/kameshimehs