高速道路で事故した結果

スポンサードリンク

どうもこんにちわ。
レンタカーを高速道路で事故を発生させたダメンズです。
レンタカー旅行中、高速道路で事故られた件にも
書かせていただきましたが、

私の頭の中には
高速道路で事故した場合の正しい対処法
なんてものは記憶されていませんでした・・・。

そんな私が実際に事故後にした行動と
それが正しかったのかを
落ち着いてきたので考えていきたいと思います。

 

正しい対応のみ知りたいという方は
高速道路で事故や故障した場合の基本的な対応

JAFが紹介してくれているので
こちらを参考にしていただくのが一番正しい選択に繋がるでしょう。

事故後の状態

こんな感じ。↓

 

wpid-dsc_1898.jpg

まず初めに思いついた事

誰も怪我していないか!?
警察への電話
・レンタカー会社への電話
・死ぬかと思った恐怖の残り香
相手の状態

友人達に怪我がない事を確認後、
警察への電話とレンタカー会社への電話を
友人達に頼み、
一向に相手が車から出てくる気配がないため
相手の車を見に行く事に。

相手の状態

相手の車は100m程後方にあり、
向かっていく最中に気が付いて出てきてもよさそうなのに、
車から全く出てこない相手。

「もしかして当たり屋?
居眠り運転でまだ寝てる?」
「もしかして意識不明?
等。

いろいろ考えながらたどり着くと
老夫婦で硬直状態。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

大丈夫ですか?と
話しかけても目も動かないレベル。

とりあえず車から出てもらい状況確認。
口下手なのかあまりうまく会話にならなかったけど、
出口に出ようとしてこっちの車に気が付かなかった。と。

うん。向こうも自分の非を認めてるし、
コミュニケーションが下手なのもわかるけども、

とりあえず非を認めてるなら少しは謝ろう?
こっちが無事かどうかを少しは心配しよ?
と思ってしまいましたわ。

私の心は狭いですね・・・。
ダメですね・・・。

警察がきてから

警察さん。さすがです。神対応です。

連絡から体感的に10分程できてくれて、
すぐに「大丈夫ですか?」の心配から入り
手際の良い状況確認。

初めての事故なので何をしたら良いのかがわからないと伝えると
家までの帰り方、保険について、レンタカー会社との連絡について、
すべてを教えてくれました。

そして相手と連絡先交換まだしてないならしてくださいね。との
気遣いまで・・・。

本当に警察さんのおかげで心が落ち着きました。
神対応。ありがとうございます。

自分・警察・相手の解散まで

その後、
壊れたミラーを直して下道で帰るという選択肢を選んだ私達は
ミラーを治す事に。
警察さんガムテープを貸してくれました。

どこまで考えてくれるんや・・・。
優しすぎやろ・・・。

こちらが完成系↓

 

wpid-dsc_1867.jpg

固定のための
ジョージア(空き缶)の存在感

相手さんも落ち着いてきたのか
こちら側の怪我の心配や
謝罪を伝えにきました。

そして解散。

事故を振り返り

車から友人達をおろしてガードレール内に避難させることや
発炎筒、停止表示機材を置くなどの行為をしていませんでした。
路肩に寄せてハザードランプをたいたとはいえ
もしかしたら追突事故で死んでいたかもしれません。
2次事故を防ぐためにもやるべきですね・・・。

あとは警察さんのありがたみがよーく、よーくわかりました。

相手との状況確認や、会話をしておく事も大切ですね。
後日金銭的な事や、怪我の事など、
連絡をとることになる場合もあると思います。
できればお互いにけんか腰みたいにはなりたくないですもんね。

まとめ

・基本知識身に付けておくべき。
・警察には必ず電話。
・できれば相手の状況確認も。
・警察さんは神。めっちゃ優しい。
・相手との連絡先交換は必要。
・相手との関係はなるべく良くしておくべき。
・レンタカーの場合はレンタカー会社にも連絡を。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya