【物に当たる】壁に空けた穴は直す?直さない?

スポンサードリンク

どうも。思春期に壁に穴を開けまくってきたひろやです。

こんな話、本当に黒歴史すぎて、恥ずかしすぎて
ブログに書いていいものか悩みましたが・・・。

「まぁなんでもいっか~」

と、お得意の楽観主義が発動したので書いていきます^^;

【穴だらけだった我が家】

dsc_2682.jpg

こちら、我が家の階段です。

なぜか三つ白い部分があるのがおわかりでしょうか・・・?

もともとこういうインテリアだったわけでも、
「こうすればお洒落かな!?☆」と思ったわけではありません。

私は高校生の頃、少し遅れがちながら反抗期が炸裂していました。
イライラして、親とぶつかりあうたびに壁を殴ってしまっていました。

朝の眠気で不機嫌だったから。
口論になったから
自分の思ったとおりに事が進まないから。
なんとなく色々なことにむかついたから。

あの頃は何にむかついていたのか今や覚えてすらいませんが、
完全に自分中心に物が回らないだけでキレる高校生でした・・・。
そして、高校生の男の子の筋力で壁を殴れば当然、穴が空いてしまいます・・・。

壁に穴をあけるなんて、あほだと思うでしょう・・・。
あの頃の自分に言葉を送れるなら
「お前、壁殴るならコンクリート殴って来い!てめーが痛いだけだから思い知れ!」
と送りたいものです。(切実)

我が家にはそんな黒歴史すぎる私の過去の遺物が
誰が見てもわかる形で残っているのです。

【穴をふさいだ経緯】

wp-1466946522348.jpg

私の黒歴史時代も終わりを迎え色々と落ち着いてきた頃、
両親とこんな会話が。

壁の穴、どうするんだ?
ひろや
直します。すみませんでした。
あら。直さなくていいじゃない。
見る度に恥ずかしい事をしたって反省するでしょ?
ひろや
いや、でも穴から風が通って寒いから・・・。
じゃぁわかるような色でふさぎましょう。

「まじかよ・・・。頼むから隠してくれよ。」と口には出せず、言われるがままに
壁は真っ白な壁紙でとてもわかりやすくふさぐことになりました。

友人
え?なんでここだけ色違うの?

その後、何度この言葉を言われた事でしょう・・・。
私は実家に誰かを呼ぶ場合、
【壁に穴をあけるような人間】というレッテルをはられる恥ずかしさ
あの頃からずっと、今でも付きまとっているのです。

【穴は修理するべきなのか?】

 

私の場合は寒さが原因でふさぎましたが
結論、壁に穴をあけた場合、その穴はふさがないほうが良いでしょう。

私は過去に起こしたこの壁殴り事件(我が家ではそう呼ばれています笑)の事を、
10年ほどたった今でもこの壁の穴を見ることで思い出せます。

この壁に反省させられ続けた事により、
ものすごくストレスがたまってカッとなった時でも、
物に当たるという事をしなくなりました。

普段から、暴力を振るうような人間ではなくとも、
物にあたったりしてしまう人間ではなくとも、
頭がカッとなったときは物に当たってしまうかもしれません。

でも常に反省を促してくれるものがあれば、
徐々に物に当たらない人間に変わっていけるはずです。
もし自分が壁に穴をあけてしまった。
もしくは空けた人が身内にいるという人は、
穴はふさがずに、笑い話にできる位になるまで残しておきましょう。

夫婦間の喧嘩で旦那様が壁に穴をあけてしまったという事が多々あるようです。
下にいくつかリンクをはっておいたので参考にどうぞ。

もし旦那さんが、怒った勢いで壁を叩いて(殴って)穴を開けたらどうしますか

旦那が、キレると自宅の壁をなぐって穴をあけます。みんなそうなのですか

DVなのでしょうか?夫がケンカ中に壁を殴って穴をあけ・・・

あ、ちなみに私は下のちょっと壁紙という道具を使って超簡単に自分で壁の穴をふさぎました。簡単にできるので、業者に依頼するなんてもったいないですよ!

 

【まとめ】

・壁に穴をあけてしまう事は人生の中でもしかしたらあるかもしれない。
・壁に穴をあけたら、反省のため穴はそのままに。
・人は物に当たらない生活を続けたら、物に当たらなくなれるもの。
・旦那の暴力も、子供の反抗期も、諦めずに、解決していきましょう!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。 人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。 その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。 恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。 優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。 その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。 現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。 負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。 Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya