桐島部活やめるってよ 邦画 DVD 感想

スポンサードリンク

注:ネタバレをしたいわけではありませんが、個人の感想なので
  ネタバレはあると思います!ご理解の上で、閲覧ください。

【桐島部活やめるってよ】

  • 出演:神木隆之介, 橋本愛, 大後寿々花
  • 監督:吉田大八
  • 時間:103分
  • ジャンル:ドラマ、青春ドラマ

【あらすじ】

ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。
1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認める“スター”桐島の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと。
彼女さえも連絡がとれずその理由を知らされぬまま、退部に大きな影響を受けるバレーボール部の部員たちはもちろんのこと、
桐島と同様に学校内ヒエラルキーの“上”に属する生徒たち、そして直接的には桐島と関係のない“下”に属する生徒まで、 あらゆる部活、クラスの人間関係が静かに変化していく。
校内の人間関係に緊張感が張りつめる中、桐島に一番遠い存在だった“下”に属する映画部前田が動きだし、物語は思わぬ方向へ展開していく。

(引用元:Amazon商品紹介ページ)

 

【勝手に評価】

☆60点/100点

☆桐島(ヒエラルキーのトップ)が存在を消した事による変化を描いた作品。

☆映画好きが見る映画。

☆ストーリーを楽しみたい方にはおすすめできない映画。

☆学生ならではの人間関係や心境が、セリフ以外の表情や態度でうまく描かれている。

【感想】

この映画は、学生生活を送る中で確実に築き上げられている階層社会(ヒエラルキー)の頂点にいる桐島が、誰とも連絡を取らずに部活を辞める事から始まる・・・。

ヒエラルキーの頂点な桐島が部活を辞めたっていうだけで、桐島の周りの生徒達の生活や関係性はどんどん変化していき、最終的には全然関係ないような階層にいた生徒達にまで影響を及ぼす様を描いた作品。

まぁ個人的には特に好きじゃない。。。

盛り上がるポイント・・・。うん。どこだろうって感じにずーと平常心で見れてしまった。
邦画が好きじゃない人にはおすすめしないですね・・・。
桐島がいなくなった後の生徒達の情動を描いている映画なので、
単純明快なストーリーが好きな人には向いてない感じです・・・。

でも、すごいなぁと思える点は多々ありました。

物語の舞台は
【高校生の学生生活】

高校生の頃ってなんとなーく、文化部と運動部だったり
ヲタクとそうじゃなかったりで、誰が決めたわけでもないのに
階層社会が築き上げられていましたよね。

それにちょっとした態度や言葉ひとつで
関係がガラッと変わってしまうこともあるような
うっとおしい人間関係がありましたよね。
仲良いはずの友達と仲良いからこそのぶつかり合いとか。

この映画はそんな学生ならではの情緒的な部分を上手に描いています!

自分の学生生活思い出してみるとおんなじような事あったなぁと思ったり
学生時代の劣等感や葛藤を思い出したり・・・しちゃう映画ですね。

例えば同じシーンを別の生徒の視点から繰り返す演出があって・・・。
映画部の生徒達、モテ系グループ達、運動部達、吹奏楽部。
同じ学校、同じ場所、同じ時間で生活していても、生徒ひとりひとりで
ある出来事に対しての感じ方やその意味が全く違ってくる。
その表現方法はすごく素晴らしかったし、
ひとりひとりの生徒のキャラがしっかり肉付いてて、
学生時代に見たらもっと感動したんだろうなー。とか思いながら^^;

多分誰か一人でも共感できる生徒がいたら、
めちゃくちゃ魅入れる映画だと思います。
だからこそ学生におすすめしたい映画です!!

こんなざっくりした感想を
最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。 人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。 その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。 恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。 優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。 その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。 現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。 負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。 Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya