【二日酔い対策】飲み会は胃を強化して行こう。

スポンサードリンク

師走と年始は忘年会、送別会、新年会などで
飲酒する機会が多くなると思います。

そんな飲み会が続く中で、
記憶が無くなり知らない場所で寝てしまったり
二日酔いになって動けず寝込んでしまう等の経験はないですか?
路上のゴミ置き場で目が覚めた経験、ないですか?
全く知らない人に「大丈夫か?」と心配された経験、ないですか?

今回はそういった風に私と同じく、酒に負けてしまっている方々へ向けた
飲み会の時にしておくべき対策を紹介していこうと思います。

ここではお酒を飲み出す前、飲み会に行く前の事前準備を紹介しています。

・二日酔いになった時の基本的な対応を知りたい方はこちら↓
【二日酔いの時】吐きそうなら吐いてしまおう。

・二日酔いの時やってしまいがちな実は危険な行為についてはこちら↓
【二日酔いの時】実はやらない方が良い事。

【アルコールは刺激物】

倒れる

今から刺激物を飲むぞー!と思いながら
お酒を飲んでいる人はいないかもしれませんが、
身体にとってアルコールは強い刺激物

強いお酒を飲むと、喉が焼けるような
カッとした感覚をイメージしてもらえれば
わかりやすいかと思います。

そしてそんな刺激物を飲み続けるわけですから
胃がムカムカするのも、胃痛になるのも当たり前の事なのです。

【胃を強化していこう】

wpid-1442063372819.jpg

飲み会の事前準備はこれに尽きますね!
では胃を強化するとはどういうことなのか?
それは胃の粘膜を増やすという事です。

胃の粘膜を増やし胃をカバーする事で、
胃への刺激を緩和し、辛い胃痛を予防しましょう。

お勧めは牛乳です。
調べてみると色々な説があり、
胃の粘膜を本当に強化してくれてるのか謎ですが、
経験から言って飲み会に行く前に牛乳を飲んでおくと、
胃もたれや胃痛になりにくいですね。
心なしかアルコールの吸収も抑えられているような気さえします。

【アルコールの分解能力を高めよう】

胃を守る事によって胃もたれや胃痛は防げますが、
肝心の酔っ払う事や二日酔いになる事を防止する為には、
アルコールの分解能力を高めておく必要があります。

睡眠不足や体調不良の時はアルコールの分解能力も低下してしまいます。
飲む時はなるべく万全な状態でいけるように体調を整えましょう。

そして、ペパリーゼやウコンのような肝臓を助ける!といわれている物
直前で良いので飲んでおきましょう。
私のお勧めは完全にペパリーゼです。(種類がたくさんありますがこれが一番)

【飲み終わったらするべき事】

さぁここまでの過程をしっかり行っていれば
あなたは飲み会に最強の身体で行く事ができたはず。
しかしそんな状態でも飲みすぎれば二日酔いになる可能性は大

飲んだ後には酔っ払ったまま、フワフワとした心地よい気分で
すぐに寝てしまいたい・・・ですよね?

しかし、その時こそ運命の分かれ道!!

眠りにつく前に、アルコール以外の水分を大量に取ってください
できればスポーツドリンクのような吸収されやすいものが良いですね。
眠る直前に一気に飲むよりは、飲み会後~就寝までに
チビチビ飲むという形が理想的です。

そうする事で寝ている間の身体の水分不足を予防し、
血中アルコール濃度が高くなることを抑える事ができるのです。
むしろこれこそ一番重要なのではないか?というレベル。

【私の二日酔い対策のやり方】

例えば本日飲み会があるとしましょう。

私の場合は飲み会の少し前に軽食を取ります。
肉とかではなく、なるべく胃にやさしい食べ物がいいですね。
そして飲み会の直前にペパリーゼを飲み、その後牛乳を飲み
いざ飲み会参戦

飲み会の後は、すぐにかばんに仕込ませておいた
常温のスポーツドリンクを飲みだします。
飲み会が終わってから就寝までの間に
1000ml(ペットボトル2本分)は飲んでから寝るようにしています。

たったこれだけの事で二日酔いや胃もたれ、胃痛を回避する事に成功しています。
まだ自分なりの対策を見つけれていないという方はぜひともお試しください。

【まとめ】

・アルコールは刺激物。
・胃の粘膜を増やす事で胃痛を防止。
・アルコール分解能力を高め、酔っ払い防止。
・飲んだ後は水分をたくさんとって二日酔い防止。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya