金山で美味しいと噂のつけめん屋に行ってきました!!

スポンサードリンク

ラーメン。

つけめん。

ぼく

イケ

ザキ☆

ボコッ

ジャアァァァスティィィス!!!!

どうも、こんにちわ。

休日の午後の憂鬱ライターのひろやです。

今回は、記事ネタに尽き続けてる為
私の大好きなつけめん屋さんを紹介していきたいと思います!

【つけめんとは?】

そんなことも知らないの?
あんたバカじゃないの!?自分で調べなさいよねそれ位!
え、じゃあいいって?

そんなこといわずに、最後まで見ていきなさいよ!
おばかさんでも分かるように、
わたしが簡単に説明してあげるんだから感謝しなさいよ!

え?

違う?

ツンデレの解説じゃない?

あーそういうことね。

今から一緒に、これから一緒に、殴りに行こうかー。

YAH YAH YAH YAH…

え?

違う?

アスカの話はしてない?

はい。すみません。

つけめんとは、

・めんと汁が別になっている
・ひや盛り、あつ盛り(麺の温度)が選べる

などの特徴があり、

・めんを汁につけて食べる。

ラーメンなどと同じ麺料理の一種です。

【カナヤマ55とは】

住所:愛知県名古屋市熱田区金山町1-4-4 1F

TEL:052-682-8255

FUJIYAMA55グループ系列店であり、
愛知県名古屋市にある金山駅から徒歩5分という近さ!!

そしてなんだろう、
割と私の知ってるつけめん屋は、
仕事で疲れまくった男臭さ溢れるサラリーマンが集まってそうな
うちはカウンターしかありませんけど何か?的な
そういう雰囲気ぷんぷんな、
女人は近寄る事なかれ!な感じだと思ってたんですが、

店内がまずとっても綺麗。

なぜかメニュー一覧がイルミネーションされてるほど。笑

そして入り口に入った所にある券売機でメニューを選んでいると、
店員さんが
「わからないことがあったらなんでも聞いてくださいね!(ニカッ)」と…。

私の知ってるラーメン屋さんだったら、
「チンタラしてんじゃねぇ!」って声が飛んできそうなのに…。
なんていい店やねん…。

デートで行っても大丈夫な雰囲気でした!

それとまぁ気になったのは、

テーブルにある謎のIHの存在感。
(リゾットやスープが冷めた時用らしく、とてもありがたかったです!)

つけ麺のお味は…?

あれ?

ミスかな。

皿移し変えるの忘れてちゃってるよー。笑

おいおい、おっちょこちょいな店員さんだなぁ。

と思いきや銀のはかりらしきこれが正式な器らしいです。
知った顔でツッコミ入れてすみませんでした。

麺は左が大盛り、右が普通盛りです!

味は…、
過去に色々なつけ麺食べてきましたが…、

めちゃくちゃ美味しかったです!

お肉も1口サイズに切ってあり、食べ易さ抜群でしたね~。

私の好きな太麺で、しっかりとした噛み応えがあり、
冷たい麺、熱い汁、冷めたら暖めれるIH。
全部が、丁度いい。って感じにできあがってました!

店内も開店20分後時点でほぼ満席でしたが、
雰囲気はせわしくなく、ゆっくり落ち着いて食べれますし、
つけ麺初体験という方には是非ともオススメしたいお店です!

最後に…。

別料金にはなりますが、チーズを追加で頼めば、
チーズリゾットを作ることもできちゃいます!

そして超驚きなのがなんとこの店、

お一人様、生卵1個無料で食べれちゃうのです。

生卵をそのまま飲み込めてしまう私。

生卵ドリンクとかなんで作られないんだろうって時々考える私。

食べないわけにはいかない。(謎の責任感)

※ここから先は、人によってはグロ注意かもしれません。注意してご覧ください。
 一緒に食べていた方はコレを見て気持ち悪くなっていました。

IN THE NAMATAMAGO!

LETS MAZEMAZE!

(※オススメの食べ方を良く見たら、黄身だけをかけるようでした。)

でも、めちゃくちゃうまかったです!!
TKG好きや生卵好きにはたまらないと思います!!

最後の最後に…。

私がこんなことをやっている間に、
隣の席の方が箸を落としてしまっていました。

すると店員さんがすかさず箸を拾い、

「新しい箸、使ってください!(ニカッ)」

あ、もてるなこの人。

…じゃないじゃない。
そんな最高のスタッフさんがいるこのお店!

一度食べに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。 人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。 その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。 恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。 優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。 その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。 現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。 負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。 Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya