「はっきりもの言えや!」滑舌の悪さを責められたら

スポンサードリンク

 

こんにちわ。二言目には「ぼく魔法使えるよ」と雑学自慢したがりのひろやです。

面談や会議、公演などの時に「何話してるかわからん」と言われた経験はありませんか?

滑舌の悪さを目力で補うことにしてはいませんか?

今回は滑舌の良さが求められる場面で使える、
数分で確実に滑舌を良くする魔法のような方法を紹介したいと思います!

【カツゼツは変換されない】

あ、ここ飛ばしていいですよー。

滑舌改善の記事を書くちょっと前にすごく驚きの発見をしまして。

カツゼツって変換されないんですね。辞書にもあまり載ってないらしいですね。

カツゼツって言葉は無かったみたいです。

放送業界の業界用語らしく、一部の辞書には
舌を滑らかにして発音をはっきりさせるという意味で載っているらしいです。

たしかに、滑舌ってなに!?って学校で聞いた時、

滑舌が良い⇒発音よく流暢に発声できていること
滑舌が悪い⇒その逆で言葉がよく聞き取れないこと

って説明された覚えがあります。すごいな先生。

ちなみにカツゼツは滑舌で始まったようですが、
今では活舌で使われることの方が多いらしいです。

これを知ったきっかけが、後輩がカルテに活舌って書いていて
「それ違うよ~!」って注意したら後輩にすべて説明されたからなんですけどね!

若いやつら怖ええよおおおおおお!!!

みなさん滑舌の字の間違えを注意するときは大いに気をつけましょう。
カツゼツは今の所、滑舌でも活舌でもカツゼツでも一概に間違っているとはいえない状況なのです!

【滑舌の悪さを改善する魔法な方法】

 

いつも目力でごまかしていますが、

普段の会話ですら

何言ってるかはよくわからないけど言いたい事はわかった。」

と謎の一言を毎回もらえる滑舌の悪さLEVEL100の私。

・英語を聞いて発音を似せて発声する。
・口を大きく開けて「50音」を喋る。
・「青パンツ赤パンツ黄パンツ」などの早口言葉を練習

などなど・・・。
いろいろな滑舌の悪さ改善法を試してきましたが改善は見られず。

ってか毎日やるのがめんどくさくてやりませんでした。

『1日5分で!』すら続かない。3日坊主が読むべき記事!
を堂々とどういうつもりで書いたのか自分でもわかりません。

しかし最近、たった数分で滑舌を改善する方法を見つけたのです!

たった数分ですぜ?会議の前にやっておくだけですぜ?

しかも必要な物は、箸1膳でOK。

それではそんな魔法のカツゼツ改善法をお伝えしていきます。

【割り箸を奥歯でくわえます】

このように箸をくわえます。

まさか自分のたらこ唇にここまで不快感を覚えるとは思いませんでした。

なるべく、奥歯でくわえましょう。

イメージ的にはさるぐつわをされているような感じに。

されたことはありませんからね。

この苦しい状態で「隣の客はよく柿食う客だ」「青パンツ赤パンツ黄パンツ」と
早口言葉を10回ほどなるべくはっきりと聞こえるように繰り返すだけ。

この状態で話すのってなかなか難しいとは思いますが、
できるだけ大きな声をだして行いましょう!

今から話す原稿があるのであればそれを読んでおくのも良いでしょう。

その後割り箸をはずして話してみてください。

驚くほどカツゼツが改善しているはず!!

発声のための筋肉が鍛えられるのと、
「自分は今カツゼツ良く話せる状態である」という自信で
あなたの話がより良く相手に伝わることは間違いないでしょう。

これはカラオケで歌を歌う前にやっておくのもかなり効果的なようです。
私と同じでカラオケで70点台を連発して
「っあれ。機械の故障かな?」と言ってる方はやっておくべきですね!

【まとめ】

カツゼツは検索してもでてこないし、辞書にもあまり載っていない新語。

滑舌でもいいし、活舌でもいいし、カツゼツでもあながち間違いではないので、

後輩に日本語指導するときは注意しましょう。

割り箸を猿轡のようにくわえて発声している姿は

この記事を見ていただければわかるとおりかなり気持ち悪いです。

トイレの個室でやると

「痔なの?」「血便でも出た?」

と聞かれることがあるため、

なるべく一人になれる防音の場でやるようにしましょう!!

最後まで閲覧ありがとうございました!!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya