【継続は力なり】勉強のやる気を持続させる方法

スポンサードリンク

こんにちは、学生時代まったく勉強しなかった、しょーきです。
毎日授業中はオンラインゲームのことや女子のことばかりを考えて過ごしており、
そのおかげで、中学・高校時代での学績はほぼ最下位。夏休みには追試のため学校に通うほどに。

決して勉強を毛嫌いしていたわけではなく、何度も机に向かうことはしていたのですが、
勉強のやる気が持続せず、気付いたら大好きな漫画やオンラインゲームをしていたのです。

そんな私がある日を境に、勉強のやる気を持続させる方法を実践し、猛勉強した結果、
国家資格でもあるITパスポート、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験と言った、
名だたる資格を取得することに成功したのです。

全く勉強のやる気が持続しなかった私が実践して、結果を出せた方法を書いていきます。

勉強した結果を具体的に書く

勉強のやる気を持続させるためには、目標を強く意識することが重要です。
私の場合は、資格の試験勉強だったのですが、以下のような結果を書き出しました。

・国家資格を取得すれば、取得していない人より企業のエントリーシートが通りやすい
・国家資格を取得すれば、家族はもちろん、友人にも胸を張って自慢できる
・国家資格を取得すれば、勉強ができなかったのではなく、しなかったのだと言える

勉強した結果を具体的に、自分がどのようになれるか・できるかを書いて、
毎日寝る前に書いた文を読み直しましょう。

SHOKI
勉強のやる気持続のために、まず、結果を具体的に書く?なんだかめんどくさいなぁ~

と言った声が聞こえそうですが、やる気を持続させるためには、
勉強するための強い意志が必要になります。
強い意志を持つためにするべきこととは、何故その勉強をするのか、
勉強することで自分の未来がどのようになるのかを、存分に知る必要があると考えます。

めんどくさがらずに、具体的な勉強した結果を書き、
毎日寝る前に読んでみてください。

半強制的に勉強

続いては、実際に勉強する場所についてです。

勉強のやる気のみならず、やる気を起こすためにはとりあえずやってみるしかありません。
勉強のやる気があるから教科書を開くのではなく、教科書を開いたら知らぬ間に勉強していた。
となることが、私の経験上多かったです。

まずは教科書や参考書を開くことから始めないといけないのですが、
そもそも私みたいに勉強のやる気が維持できない人は教科書すら開くことができないのです。
そこで、図書館や学校、塾などのように教科書を開かざる得ない場所に行くことがお勧めです。

私は試験前の追い込み時期には図書館に通っていました。
周りの人の文字を書く音、参考書を見入ってる姿が見えることで、私の中で焦りが生まれ、
負けじと勉強道具を取り出し、とりあえず始めてみることで、徐々にやる気が起こり、
集中力を途切れさせる漫画やゲームがないため2~3時間集中してやる気を維持することが
できるようになるのです。

真面目に休憩

まず始めに≪休憩=さぼり≫ではありません。
私は、休憩は集中力がなくなったときに手を休めることで、
さぼりは集中力が他の対象に移ったことだと考えております。

私はよく、教科書を読んでいたときに、内容が全く頭に入ってこないことがありました。
時間はどんどんと流れ、周りから見ても勉強頑張っているなと思われるにも関わらず、
実際は問題集を解いても全く正解できていない、無意味に時間だけを過ごした経験です。

私のような経験をすると、時間の無駄になるだけでなく、勉強のやる気も下がってしまいます。
なぜなら、私自身は多くの時間を費やして勉強した気になっているからです。

SHOKI
勉強したのに全く頭に入ってこない・・・勉強なんてやーめた
と、勉強のやる気が維持できない悪循環に陥ってしまうのです。

どうすればいいか?それは簡単です。
集中力がなくなったら、休憩すればいいのです。
私の休憩でおすすめなのは散歩です。太陽が出ていればなおさら嬉しいですが、
5~10分ほど外を歩きながら深呼吸するだけでも、再び机に向かえば集中できます。

集中力がなくなり休憩しようと考えたときに、漫画やゲームは厳禁です。
さぼりにならないように、真面目に休憩して勉強のやる気を下げないようにしましょう!

まとめ

2chでオール1で入れる高校と言われるほどの高校に入学した本当に
勉強してこなかった私が、国家資格を取得するために編み出した、
勉強のやる気を維持させる方法、いかがでしたでしょうか。

強い意志と、ほんの少し考え方や行動を変えれば、
勉強のやる気を維持させることができ、目標を達成できるものです。

まずは、自分はやればできる子なんだという根拠の無い自信を胸に、
がむしゃらにやってみてはどうでしょうか。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1991年10月9日生まれ
小中学校と全く勉強もせずに、遊びほうけていた私。偏差値の低い高校に入学し、テストで良い点を取れるようになるも、2年生になる頃には赤点の常連に。
そんな頭と顔の悪い私が、高校2年生のときに運命の人と付き合えることに。
色々なところに旅行へ出かけ、相思相愛だと信じ込むも、彼女が浮気していることを知る。応援団の団長で1,2,3年をまとめたり、文化祭にてウォータボーイズをするなど、積極的に活動する。
遊びほうけていたためあまりにも頭が悪く、大学に行けなかったため、専門学校に入り、1日10時間勉強する環境に身を置く。初めての勉強でストレスにより頻尿になり、20歳にて初ハルンケア。24歳で初めての詐欺被害(投資詐欺)により150万円を騙し取られる

人生何とかなるなる精神で頑張りましょう!
Twitterアカウント
https://twitter.com/kameshimehs