【努力】お金持ちになることを諦めて人を喜ばせる人になりたいと願う男

スポンサードリンク

どうも、小指で鼻をほじった際、爪が綺麗な曲線をえがいていなかったため、鼻血が止まらなくなった27歳、しょーきです。

お仕事が忙しすぎて、ブログを一切更新ができておらず、久しぶりに書いてみたいなと思ったため、今、こうして車の中でタイピングしております。

ブログはサーバ+ドメインのお金だけ払えば、好きなタイミングで投稿できるのは非常にありがたいですね。

さて、特に何か書きたい!って物があるわけでもないため、思うがまま、あるがままに指を進めていくスタイルで貫こうと思います。

突然ですが、皆さんは、成し遂げたい夢ってありますか?

僕は、金持ちになって、モテまくりたいと思ってます。

雑誌の最後の方のページによく掲載されてる、お札のお風呂に入ってる感じのアレを目指してます。

でも最近、歳を取ってきたせいか、サラリーマンとして一生を終えるのも悪くないのではないか。と、思えてきたのです。

20前後の僕は、興味を持った分野に片っ端から投資していき、散々散財してきた訳で、「絶対俺は金持ちになる!」なんて明言してきた訳で、家族や知人から「お前、本当バカだよなぁ」なんて言われてきた訳で、「言ってろ言ってろ今に見てろ」なんて思っていた訳です。

でも現実、約10年という、約3,650日という月日を経過させたにも関わらず、今だに僕は、デパートの薄暗い立体駐車場の中で、SIMフリーのスマホでテザリングをしながら、糞ほど寒いのにエンジンすらかけずにタイピングをしている訳です。(1時間以上滞在していると駐車料金が発生するため、急ぎタイピングしている訳です)

指も冷たくなってきたし、運転席でパソコンをカタカタしているのは、中々、周りの目が気になるし、あまり喜ばしい状況ではありませんが、成果が出ていない以上、文句も言ってられません。

僕の周りにも大金を掴もうと、ギャンブル、MLM、株、仮想通貨などなど、様々なジャンルに挑戦する人が沢山います。しかし、成果が出ている人はほぼほぼ皆無。大金を掴もうと、犯罪に手を染めてしまう輩も知っています…。

だから僕は大金を掴んで雑誌の最後の方のページに掲載されるのは諦めて、一生サラリーマンでも良いんじゃね?いや、むしろ、そっちの方が安定してて良いんじゃね?スタイルに移行していこうと思うのです。

と言うよりも、ね。

自己啓発の本に書いてあった、「お金を稼ぐことを目的とせずに、人を喜ばすことを目的とすることで、お金は後からついてくるものだ」的な内容は、実に的を得ていると思うのですよ。

高校の偏差値が入学時に30程度だったバカな僕でも、この約10年間という年月を経て、多少は学ぶことができました。

これからは、雑誌の最後の方のページに掲載されるのではなく、雑誌の最初の方のページで、インタビューアーと向かい合いながら、ジェスチャーを交えて笑顔で話している写真が掲載される人を目指すことにします。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1991年10月9日生まれ 小中学校と全く勉強もせずに、遊びほうけていた私。偏差値の低い高校に入学し、テストで良い点を取れるようになるも、2年生になる頃には赤点の常連に。 そんな頭と顔の悪い私が、高校2年生のときに運命の人と付き合えることに。 色々なところに旅行へ出かけ、相思相愛だと信じ込むも、彼女が浮気していることを知る。応援団の団長で1,2,3年をまとめたり、文化祭にてウォータボーイズをするなど、積極的に活動する。 遊びほうけていたためあまりにも頭が悪く、大学に行けなかったため、専門学校に入り、1日10時間勉強する環境に身を置く。初めての勉強でストレスにより頻尿になり、20歳にて初ハルンケア。24歳で初めての詐欺被害(投資詐欺)により150万円を騙し取られる 人生何とかなるなる精神で頑張りましょう! Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehs