【介護の奇跡】奇跡は起きるもんじゃない。起こすもんだ!

スポンサードリンク

はい。どうも~。

タイトル的にもついに頭いっちゃったか。と
思われるかもしれませんが、

平常運転。正常です。

今回は私のまわりで起きた、
介護をしている身にとっては信じられない、
奇跡的な出来事を紹介して行きたいと思います☆

【じいさんが倒れた!!】

緊張

あれは去年の夏ごろ・・・。

仕事に向かう運転中、
私のスマホがしつこくしつこくしつこく鳴り続けました。

電話をかけてくる友達なんていないはずの私・・・。

車を止めてスマホをみると、

着信数十件。

え・・・。なにこれ・・・。

電話をかけなおすと、
「じいさんが倒れた!!」とのこと。

私は仕事場に電話をして急遽お休みを頂き、病院へ向かう事に。

脳梗塞で倒れたじいちゃんはベッドに横になっていました・・・。
色々他にも血管つまってて、もっと手術必要との事・・・。

ろれつも回らず、何かを握る力もないほどぐったりした前腕。
感覚がほとんど無いという、動かない足。
寝たきりの状態で、意識、意思はしっかりしてそう。
でも何を言ってるかあまり聞き取れない状態。動けない状態。

あー。これは要介護3~5かな。
多分今後は車椅子生活。悪くてベッド上生活。
意識がしっかりしてるだけ良かったわ。

とか思っていました。

あ、すごい冷徹なやつみたいですが
命の心配はないという話し合いをしてからの考察ですので。^^;

【入院になり要介護4の認定】

点滴

その後、案の定要介護4を認定され、
入院生活が続く事に。

1週間後に面会に行った時もさほど変化は無く、
「もう俺はこのまま死ぬでな。全然なんも握れんわ」
と言うじいさんを見て泣けてきました。

じいちゃんはもう無気力。
運転が好きで、酒が好きで、すぐにガハハハ笑うようなじいちゃんが
ぐったりしている姿に耐えられず、

「手を握ってみ。動くやん。生きとるんだで頑張りゃあ。

「死んでないんだでリハビリ頑張ればまた運転できるかもしれんが。

死ぬ気でリハビリすれば治るかもしれんよ。」

そんな言葉をかけた気がします。

正直、歳もとしだし、要介護4の認定を受けて、脳梗塞後の片麻痺診断を受けて、
歩行すらもままならないだろう。
少しでも希望を持ってくれれば。そう思い、かけた言葉でした。

【奇跡は起きた。脅威の回復力】

数日後のじいさんは、
お手玉のようなものを毎日毎日、
握り続けていました。

ベッド上で寝たきりなのに、あがらない腕で、
手にお手玉をのっけてもらってニギニギ。

そのまた数日後、柵を握って体を引き上げれたり
引き上げれなかったりを繰り返していました。

そしてまた数日後には、ベッド上に座って
自力で座位保持までできるようになっていました。

あれ?

復活スピード速すぎじゃない?

その後、ふらつきながらも倒れそうになりながらも
手すり使用の歩行を繰り返し、
なんと付き添いでの杖歩行可まで復活。

奇跡・・・!!
驚異的・・・!!
神ってる復活力・・・!!

福本伸行も驚きの復活劇。
昔からちょっと人間離れしてるじいちゃんでしたが、
カイジの血とか流れてるんじゃないかな?

発声もほぼ聞き取れる位まで回復。
認知的な障害も残らず。

結果・・・。

そのまま在宅復帰!!

なんとまぁ素晴らしい自己回復力。

【奇跡は起きるもんじゃない起こすもんだ】

在宅復帰後もデイサービスやリハビリなどを継続利用はしていましたが、
ばあちゃんの付き添い~ほぼ自立の生活をを送れるまでになったじいちゃん。

そんなじいちゃんに、
カイジかよ。と伝えたら、

「奇跡は起きるもんじゃない。起こすもんだ。

という名言をいただきました。

自分がベッドで寝たきり状態になったじいちゃんは絶望したそうです。
でも、それと同時にめちゃくちゃ悔しかった。
このまま人に尻拭いてもらって生きなかんのか、
家族に迷惑なんてかけ続けられるか!
絶対もう一回運転してやる!
そんな事ばかり考えていたそうです。

絶対に元気になってやる!
そう思って、リハビリを毎日、毎日、毎日、調子が悪い日だって
体が痛い日だって、リハビリを続ければ治る!という
希望をもって頑張り続けたそうです。

だから今みたいになれた。
「じいちゃんに頑張れって言ってくれてありがとう。辛いときも励みになった。」

そう、じいちゃんに言われた時
めちゃくちゃ言いようのない涙がこみ上げてきました。

よく腐った心の持ち主と言われまくる私ですが、

人の言葉って本当にすごい。
人の気持ちって本当にすごい。
感動しました。
介護って素晴らしいと思い返した時でした。

ってかじいちゃんまじすごい。

【奇跡とは】

あ、話がそれましたが、

そうなんです。
奇跡ってのは起きるものじゃなくて起こすもんなんです。

よく奇跡が起きて世界が変われば・・・。
とか言う人がいますが、そんな風に奇跡は起きません。

何もしていないのに
海が割れたりもしませんし、
羽が生えたりもしません。

人が努力した結果、できたものが
はたから見たら奇跡なだけなんです。
奇跡を起こしたいなら死ぬほど努力する事ですね。

以上、じいちゃんすごいの巻きでした。

最後まで閲覧ありがとうございます!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya