パチンコ依存との闘い【辞める為の決定打】

スポンサードリンク

こんにちわ。パチンコ依存症と激しい戦いを繰り返し、
見事打ち勝ったかめしめHSのひろやです!

パチンコとの出会い
パチンコへの
パチンコとの決別

パチンコと共に様々なの経験をしてきた私の
パチンコとの決別方法が、
パチンコ依存に悩む方々の参考になればと思います。
私が本格的にパチンコ依存症になりだしたのは19歳頃の事。
(パチンコに依存するきっかけは私がパチンコ依存症に至るまで・・・。にて紹介。)

気が付けば現在(23歳)にいたるまで、
パチンコと共に人生を過ごしてきてしまいました。

そんな私がどうやってパチンコ依存を抜け出せたのか
誰でもパチンコを辞められる方法を紹介させていただきます。

パチンコ屋へ行かなければ良い

wpid-dsc_1726.jpg

そうなんです。結論はこれだけなんです。
競馬や宝くじ等とは違い、パチンコは
インターネットで購入するという事ができませんよね。

パチンコ屋へ足を運び、
パチンコ台と向かい合って、
お金を入れる事によって初めて行える遊戯なのです。

という事はパチンコ屋へ行かなければ、
パチンコを行う事は不可能

パチンコ依存症を治すためにどうしたらいいか、
調べてみると例えば

他で物欲を満たす。
他の趣味を見つける。

等ナド、様々な依存症脱出の記事が現れると思いますが、
そんなもの見て、真似する必要はないんです。

行かないだけ。これだけですべて解決です。

甘えている自分に気が付こう

行かなければパチンコ依存は抜け出せる

そんなの当たり前じゃないか!
それが難しいから困っているんじゃないか!

と言いたくなる気持ちはオサエテクダサイ。
というかそんなこと言ってるうちはヤメレマセン。

まぁ普通にパチンコ依存まっしぐらな方々からすれば、
意味ワカンネェって話だと思いますが、
パチンコ依存を楽に抜け出す方法なんてないんですよ。

実際、私も色々な方法を試してみましたが
全然辞める事なんてできずに失敗しまくりました。

そして私なりに思う辞められない原因は、
結局は自分に甘すぎる事なんですよ。

パチンコに行かないなんていう事は、

→パチンコに行かない
→パチンコのない生活に慣れる。
→パチンコがなくても平気になる。

という大まかな流れの第一ステップなんですよ。

そんな第一ステップの段階で、
別の趣味を見つけて少しずつ行く回数を減らす。
なんて甘えた事をしてて、
いつやめる気なんですか?って話なんですよ。

それに多分パチンコをやりながら、他の趣味を見つけたところで
ギャンブルの楽しさと他の趣味の楽しさは別物でしょうから、
じゃぁ辞めようという風には繋がらないでしょう。

徐々に辞めようなんていうのは、
自分が辛くならないための防衛策を優先した結果ですよ。
そんな甘えた自分ではやめれません。
本気でやめたいなら
どれだけ辛くてもやめる覚悟を決めましょう。

行かない為に、自分を戒めよう

wpid-dsc_1667.jpg

徐々にやめるなんて甘い考え。
やめる事を決めたなら、行かない事を徹底する他ない。
という事で、私はパチンコ屋へ行かない為の様々な対策を講じました

・財布に必要最低限のお金しか入れておかない
・「パチンコに行くな」というメモをいたるところにはる。
・パチンコ屋へどうしても行きたいと思ったら歯を磨き、顔を洗う
・パチンコ関連の物をすべて破棄する。
・周りに「パチンコを辞めました」と宣言する
・自分はパチンコに行かないと毎朝10回唱える

これは私なりの行動に過ぎませんが、大事な事は
行かない環境作りをする事と行かないという覚悟を忘れない事です。

まとめ

・やめるためにはパチンコ屋に足を運ばない事。
・それすらできないのは、自分の弱さのせい。
・弱い自分のままでよいのか?と自分を追い込め。
・辛い思いをする覚悟をしよう。
・行かない為の対策を講じよう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya