【ポケモンGO】歩きスマホ、危なすぎるだろ。

スポンサードリンク

赤・緑・青・金・銀・クリスタル・ルビー・サファイア・エメラルド

色使い偏りすぎでしょ。
大人になってやらなくなったけど、
大好きだよこの偏り具合。

エメラルド位までは手出してました。やってました。
でもね。何ポケモンGOって。電車にGO?
信号無視して車にGOしてきそうなやつもいるし、
歩きスマホの人みかけると、道路に飛び出てきそうで怖いんだよ・・・。

【ポケモンGO=歩きスマホ?】

どうもどうも。今回の記事はポケモンGOをやっている人からしたら
ふざけんな黙れうぜぇってなると思います。あしからず☆

最近はやってますね(かなり遅れて気付きましたが)ポケモンGO。
僕はいまだにダウンロードしてなくて
友達がやっているのを見た事しかないもので、
ポケモンGOというのは、

ポケモンGOを起動して歩く
⇒アプリの地図上でもキャラが動く
⇒時々ポケモンを発見しては捕まえる。
⇒街中へ出ないと多くのポケモンに出会えない。
歩きスマホ

という事でいいんでしょうか?

まずね。これ疑問に思うの僕だけですか?
間違ってないですかこれ。
なんで歩きスマホしないとポケモンに出会えないシステムなの。
歩きスマホじゃなくてもできるみたいだけども。
結局はポケモンと出会った瞬間スマホ出して立ちスマホなわけじゃないですか。

いやね。邪魔でしょ!笑
普通に邪魔すぎるでしょ。道中で立ち止まったり、前見ずに歩いてたり。
やってない側からしたらポケGO民はただのゾンビ・・・。
邪魔すぎるよ・・・。

【ポケモンGO民はもっと考えてくれ】

いやまぁね。やってみれば楽しいと思う。
ポケモン好きだし、内容に関してはとやかく言うつもりない。
今回言いたいのはそんなことじゃない。

ポケモンGOやっている人、

道路で歩きスマホしてたらひかれるよ?

最近、いたたまれない事件がありましたね。
ポケモンGOをやりながら運転⇒人身事故。ってやつね
電話での片手運転ですら危険なのに前も見ずに運転って・・・。
ありえないね。心がめっちゃ痛くなりましたわ。
二度とこんな事件起きないで欲しい。

多分ね。この事件もあって運転しながら
ポケモンGOしてた人はやめたと思う。

でもね。歩きスマホしてポケモンGOしている人は
別に自分は運転しながらやってないから
危険じゃない関係ないって思ってるんかな。

実は今日、夜になってから車を運転していて、
暗い道路だったので徐行していたのですが
いきなり目の前に人の首が浮かんで現れてめっちゃびびりました。

まぁポケモンGOをしながら(画面が見えた)
歩きスマホしてる大学生っぽい子が道路にふらっと出てきただけでしたが、
(進行方向が一緒で大学生の後ろ姿が見えてる状態)
ライトもついている私の車には全く気が付いていない様子。

え?え?ひかれたいのかな?って思いつつ
クラクションを1回鳴らすとやっと車に気が付いて、
歩道に戻りました。

まじで一言言わせて。

危ないよ。

制限速度(その道は40キロ)でこっちが走ってたら、

あなた死んでたかもしれないよ。

加害者になりたくないし、

被害者作りたくないよ。

まぁこんなことポケモンGOがはやりだしてから
みんなよく経験してることかもしんないけど、
ブログやってることだしここで書かせてもらいますわ。

歩きスマホは危険です。

気が付いてないかもしれないけど
周りはめっちゃ迷惑しています。

もし世界中の人が歩きスマホしてなくて、
あなただけがしてる世界を考えてみてください。
ちょっと危険を感じませんか?

それでもまだ歩きスマホ続けますか?

友達が歩きスマホをしていて隣で車にひかれても

それでもまだ歩きスマホ続けますか?

みんなしてるから怖くない?

そんなのは何かあってからじゃ遅いんだよ。

他人事じゃないよ。明日は我が身。

とりかえしつかない自体になる前に気をつけましょう。

みんなが少し気をつけるだけで、危険は減るはずだから!

【まとめ】

せっかく流行している楽しいゲームも
みんながちゃんとモラルを守ってやらないと
規制されたりしてしまいます・・・。

長く楽しむ為にも、安全に遊びましょう!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya