【怖い話】霊感が全くない私がホテルで体験した心霊現象

スポンサードリンク

これは、私が学生のころのお話である。

当時の私はウサギ並にプレイボーイ。

欲求を持て余していた私は、

彼女との『月1ホテルお泊り』が楽しみで仕方ありませんでした。

そんな私が経験した・・・

身の毛もよだつ・・・

心霊現象・・・

今からご紹介させて頂きたいと思います…。

みなさんも学生時代のラブホテルデートを思い出しながらお読みください…。

格安のホテル探し

その日も私は、Googleで「格安 ホテル 名古屋」と検索していた。

何も考えずに初めて入ったホテルの宿泊費が2万もしたため、
学生だった事もあり、それからというもの私はとにかく安いホテルを探した。

しばらくお目当てのホテルを検索していた私は、ある掲示板を発見する。
それは既にホテルに入った人々の口コミを集めた掲示板だった。

そこには匿名で、様々な情報が記載されており、
部屋の中・お風呂・トイレの清潔感などなど、
私が欲する情報が多々あった。

様々なホテルの情報をなめ回すように見ていると、ふと目が止まった

○ホテルの302号室で心霊体験をした

私はこれまで心霊体験をしたことがなかったが、
お化けは苦手なため、少しビビりながらも、
自分とは関係ない、と受け流した。

そしてまた、彼女に少しでも好かれようと
安くて綺麗で駅近のホテル探しを再開した。

心霊現象のあったホテルへ訪問

休日の夜、少し大人になった気分で
名古屋のホテル街を歩いていた私たち。

結局予約は取れず、2つのホテルに足を運んだものの
両方とも満員であったため、あてもなく歩いていた。

折角の『月1ホテルお泊り』の日なのに、
ホテルが空いていないという現実にイライラしながら、
3つ目のホテルへと足を運んだ。

すると待合室に3~4組ほどのカップルが列を作っている。
「ここもダメか…。」半ば諦めかけた私は、
ダメ元で空き状況を確認すると、なぜか1部屋だけ空いていた

私が待合室の人たちを見渡すと、みなさんは視線を下に落とした。

<っしゃ!ラッキー!!>

心の中で叫び、ガッツポーズをした私は空いていた部屋をすぐに取った。

彼女と「なんでみんな入らんかったんだろ?譲り合い精神かな?笑」

そんな他愛のない話をしながら部屋の扉を開いた。

部屋の中

部屋の中は↑のような感じで、とてもシンプルだったが、
入口から入って右側は全て鏡で覆われており、
薄暗く、若干気味の悪い感じだった。

しかしそんなことは普段イチャイチャできない私たちには一切関係なく、
溜まりに溜まっていた欲求を爆発させる気持ちで一杯だった。

彼女と一緒の風呂に入るのも何か月ぶりだろうか。
私はとても幸せだった。

一体何分経っただろうか。
彼女とのお風呂で緊張した私は完全にのぼせてしまい、
「先に部屋にいるね」と伝え風呂場を後にした。

タオルで身体を拭き、ベッドのある部屋に戻ると、
心地悪く生暖かい風が私の肌に触れた。

そして私はお風呂の前とは変わった部屋の様子に気付いた。

ベッドのとなりにある窓が、

外向きに全開で開いていたのだ。

開けるのも一苦労しそうな分厚い木でできた窓。
私はとっさに<覗きだ!>と思い、
慌てて下着を履くと、急いで窓の外を覗きこんだ。

するとそこは、絶壁で足をかける場などなかったのだ。

そう、外からその窓を人が開けることは不可能だったのだ。

私は現状を理解しようと必死に考えた。

すると先日Googleで検索していた掲示板の内容が頭にふと浮かんだ・・・。

○ホテルの302号室で心霊体験をした

ここがまさに○ホテルの302号室だった

 

「窓なんか開けて、何してるの?」

風呂から部屋に戻ってきた彼女が私に声をかけた。
ハッと我に返った私は、彼女を怖がらせてはいけないと、
とっさに「暑かったからだよ」と嘘をついた。

ふ~んと言いながら、彼女は私の言葉を疑うことなく、
まだ濡れた髪をタオルで拭いていた。

私はお風呂で洗ったばかりの体に、嫌な汗をかきながらも
重たい木の窓を片方ずつ閉め始めた。

【ギギギギギィィィ】

部屋中に嫌な音が鳴り響き、
<なんて重たいんだ>と心の中で思いながらも、
両側の窓を閉めた直後だった。

【ドバババババーッ】

突然の轟音。

風呂の蛇口から水が急に流れ始めたのだ。

「あれ?おかしいなぁ~。閉めたはずなのに」

そう言いながら蛇口を閉めに行く彼女を背に、

私は鳥肌を抑えられずにいた。

この部屋には何かいる…。

そう思ったが、彼女を怖がらせてはいけないと、

私は<○ホテルの302号室で心霊体験をした>話を

彼女に伝えるのを断念した…。

 

まとめ

え、これで終わり?

そう思った皆さま、すいません、終わりです。

幽霊を見たわけでもありませんし、
もっと怖い心霊現象を望んでいた人もいるかと思いますが…

実際に現場で体験した私にとっては、
決して開くはずのない重たい窓が全開になっていたことや、
蛇口から水が勝手に出たことだけでも、

冷や汗が止まらなくなるほど怖かったのです。
(※ドケチ生活を送る学生の私にとって、
  心霊体験したから帰るなんていう選択肢は無い)

皆様は<心霊体験した>、<幽霊を見た>などの
ホテルの口コミは信じた方がいいかも知れません…。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

~今日の迷言~

わけがあるから激安ホテル

名古屋近辺のデートプランに悩んでいる方にはこちらの記事もオススメ!

デートも観光も!名古屋市科学館の楽しみ方から駐車場紹介まで!
・お金をあまり使わず、子供たちを遊ばせれる場所はないだろうか?・ボーリングもカラオケも飽きてきたし、良いデートスポットはないかな?・将来何になりたいのか、何...

 

【口下手でも彼女が欲しい】長久手イオンデートしかない!
こんにちわ!休日の午後の口下手ライターのひろやです!私と同じように口下手で悩んでいるそこのあなた。次の休みどこか行きませんか? ⇒んー、どこかってどこ?あ、じ...

 

甘味処 古今茶家のかき氷がうますぎた件
暑い中お仕事おつかれさまです!!最近暑すぎて愚痴のように暑さ対策記事を書いていますが、まだまだ続きます!だって暑いんだもん!しゃーなししゃーなし!今回は【名...

 

金山で美味しいと噂のつけめん屋に行ってきました!!
ラーメン。つけめん。ぼくイケザキ☆ボコッジャアァァァスティィィス!!!!どうも、こんにちわ。休日の午後の憂鬱ライターのひろやです。今回は、記事ネタに尽き続けてる為...

 

【フィールドアスレチックで彼女ゲット!?】南知多グリーンバレイ
顔面偏差値の低さが例え私ぐらいであろうが、吊り橋の上であれば彼女を作ることだって出来るはずだ!そうだ、諦めるんじゃない!我らにだって子孫を残すという使命があ...

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1991年10月9日生まれ
小中学校と全く勉強もせずに、遊びほうけていた私。偏差値の低い高校に入学し、テストで良い点を取れるようになるも、2年生になる頃には赤点の常連に。
そんな頭と顔の悪い私が、高校2年生のときに運命の人と付き合えることに。
色々なところに旅行へ出かけ、相思相愛だと信じ込むも、彼女が浮気していることを知る。応援団の団長で1,2,3年をまとめたり、文化祭にてウォータボーイズをするなど、積極的に活動する。
遊びほうけていたためあまりにも頭が悪く、大学に行けなかったため、専門学校に入り、1日10時間勉強する環境に身を置く。初めての勉強でストレスにより頻尿になり、20歳にて初ハルンケア。24歳で初めての詐欺被害(投資詐欺)により150万円を騙し取られる

人生何とかなるなる精神で頑張りましょう!
Twitterアカウント
https://twitter.com/kameshimehs