【節約貯金】冷蔵庫の中身を買い物ノートで把握しよう!!

スポンサードリンク

冷蔵庫に食材が余っていませんか?

使いもしない食材を買ってしまい、結局痛んで捨ててしまう。

そんな事をしてしまっていませんか?

たかが数百円の無駄かもしれませんが、
毎週積み重ねていけば月に数千円の無駄に・・・。

その無駄なくしたら年間で数万円が浮くんですよ?
その無駄を無くすだけで、節約貯金に繋がるんですよ?
やらない理由がみつかりませんね。さぁやりましょう。
今すぐにこの記事を読んで実行するのです。

家計簿と同じように冷蔵庫の中身も管理して、
無駄を減らしていきましょう!!

【私の家の冷蔵庫】

wp-1465972357187.jpg

私の家の冷蔵庫は、買ってきたものを適当に、何も考えず雑に並べてあります。
父子家庭という事もあり、男だけが冷蔵庫を取り扱えばこうなっていくのは必然。

しかし私は数年前、冷蔵庫のしいたけを手に取るとパックの中で胞子まみれ状態という現場を発見したのです。
そして私はその胞子まみれのしいたけに関する逸話を作り出してしまったのです・・・。

ひろや
父さん~。何コレ。やばいよ。
ゴメンゴメン。いつのか忘れたけど、もう食べるの無理かな???
ひろや
・・・・・・!?このままだと・・・。一家全滅や。

と、聞いたのが間違えだったといわざる終えない返答が・・・。
生命の危機を感じた事から、冷蔵庫を管理していくことを心に決めました。

そして今では無駄なものはほとんど無いといっていいでしょう。
今回はそんな無駄なものが無い冷蔵庫にする為の方法を紹介していきたいと思います!

【まずは一回全部捨てよう】

無駄なもので溢れかえった冷蔵庫。
食材の中で、数日以内に使う目処が立たない物は一旦全部捨ててしまいましょう。
断捨離的なやつですね。いつか使えるからとかいう甘ったれた考えも捨てましょう。

おいおい。何やってんだ。おおおおいいぃ!お金を無駄にするなあああ!!

とキレられる可能性は十分にありますが、
一回全部捨てて、あれがないこれがないと損をした気分になってしまっても、
今後は本当に必要なだけを考えて買っていくようにすれば、これから一生分の節約に貢献できて感謝されることはあれど憎まれることはないはず。

もし、憎まれ口をたたかれたら言い返しましょう。
「これで節約になって貯金が増えるから。増えないわけがないから。」と。

家族が胞子まみれのしいたけと出会う確立も十分に減る事でしょう。
あなたの家族を金銭面と健康面から守りぬくのです!!

【お買い物ノートをつけよう】

貯金をしている人は家計簿をつけていることでしょう。
レシートを取っておいて食費にいくら使ったかどうか等、調べているかと思います。
お金の流れを把握することで、無駄をなくして貯金を増やすことに繋がっていますね。

それと同じように、お買い物ノート(冷蔵庫用)をつけるのです!!

お買い物ノート(冷蔵庫用)とはなんですか?
ひろや
お金の流れを把握するのと同じように、食材の期限を把握するのだよワトソン君
ワトソンじゃないです。詳しく。
ひろや
冷蔵庫に1冊ノートをかけておいくだけだよワトソン君
(話きかないタイプか・・・。)ほうほう。
ひろや
下の画像のように食材名と買った日、使う日or賞味期限をメモするのだよワトソン君。
wp-1465972353033.jpg
(しつこいな・・・。)なるほど。期限を忘れないようにしておくんですね。
ひろや
その通り!使った物は線を引いておけば何が残っているかもわかりやすいよワトソン君。
(・・・・・・。)・・・・・・・。

このように、食材の期限を把握するようにして〇〇日までに使い切ると決めておけば、食材を腐らせることなく、使いきれるはず!

ちなみに今回は
長いもとろろ汁~オクラMIX~。
ほうれん草の天ぷらうどん。

を作ろうかなーと思ってこの食材を買いました。
お買い物ノート(冷蔵庫用)と共に数日間の料理メニューを決めて、買い物にでかけるとより無駄なくできて、節約貯金にも繋がりますよ☆

【まとめ】

・冷蔵庫の中身を一旦全部捨てよう。
・お買い物ノート(冷蔵庫用)を用意。
・食材の買った日、使う日、賞味期限、等を記入しておこう。
・使ったものから線を引いておく。
・作る料理を決めてから買出しに行くとより無駄なくできる。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。 人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。 その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。 恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。 優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。 その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。 現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。 負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。 Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya