【肌荒れ防止】タオルを使わずに手で体を洗う正しい方法!!

スポンサードリンク

おはようございます!

これを書いている今現在(11時56分)はお昼ですが、
夜勤ばかりやっている私にとっては朝☆

そんな生活リズムを送っているせいか・・・。
手荒れや肌荒れを感じまくっている今日この頃。

最近やってみた、
体を洗うときにタオルを使わずに手だけで洗う方法が
肌荒れや手荒れを思った以上に効果抜群だったので
体を手で洗う正しい方法など紹介していきたいと思います☆

【手で体を洗いだしたきっかけ】

あるーひ。もりのなーか。
おねえーさんと。
であーた。
(※本屋で立ち読みしている女子の話が聞こえた)

女子A
「体って手で洗うほうがいいよね!」
女子B
「だよねだよね!私も手で洗ってる!」
女子A
「肌荒れないし全身ちゃんと洗えるしね!」
(ほほう・・・。エロッ)

盗み聞きしてんじゃねーよッ!変態!
的なコメントは受け付けておりません。
たまたま聞こえてきてしまったのだから仕方ない。
何を思うかは本人の自由じゃないの。
本当に肌荒れでも悩んでたからいいじゃないの。

そんな感じで、不純な理由からですが体を手で洗ってみることになりますた☆

【手で体を洗う正しい方法】

あかすりやタオルなどを使わず「手で」洗っていただくことが一番です。 石けんを使って手で洗うだけで十分に汚れは落ちます。あかすりを使用すると、汚れが落ちるだけでなく皮脂も一緒に持っていかれてしますのでおすすめできません。

引用元:翠皮フ科

一応調べてみると手で体を洗うだけでも
汚れは落ちるし、タオルを使う必要はないとのこと!

しかし実際やってみたら色々と支障もあったので、
それもふまえた手で体を洗う正しい方法をまとめてみました☆

・ポリ手袋をつける。

タオルやあかすりで体を洗うと余分な皮脂も持ってかれる・・・。
だから手で洗おう・・・だと・・・。

こんな・・・。
こんなはずじゃ・・・。
持って行かれた・・・・・・!!(※ハガレン)

手で洗い続けたら手がボロボロになりました☆
皮脂持ってかれましたわ☆
絶対に手袋を付けて洗うようにしましょう☆

・ボディソープは使いましょう。

ボディーソープは体に悪いから使わない。
という考えをしている人は意外と多く、
手で体を洗う=お湯で流すだけ。
だと思ってしまいがちですが、

体の汚れは爪などでゴシゴシ洗わなければ、
ボディーソープを使わないと落ちません。
どうしても心配だという人は、
刺激が強くないものを選んで使いましょう☆

・しっかりと洗う場所を意識しよう

タオルで洗う時よりも、手だと面積が小さいせいなのか
細かい部分を洗い忘れたり、汚れがたまりやすい部分が
キレイになってない事が多かったです・w・

・陰部
・足の裏
・背中
・胸の真ん中
・脇の下

など汚れがたまりやい部分を意識して洗いましょう!

【タオル?手洗い?結局どっちが良い?】

実際に「手で体を洗う」を続けること、はや2年・・・。
結局のところ、体はタオルで洗うか手で洗うかどっちがいいのか・・・。

好きなほうでいいんじゃない?って感じです。

私は完全に手で体を洗う派ですが・・・。

だって
肌荒れが実際におさまったんですもん。
体にできるニキビの数も減ったんですもん。
若干美肌になってきた気がするんですもん。

まーでもタオルで洗っていたときの
ゴシゴシ体を洗う気持ちよさ。
あれもあれで最高だった・・・。
しかも手で洗うと背中がめっちゃ洗いにくい・・・。

なので、めっちゃ肌荒れに悩んでいる人には
体を手で洗うことは効果的☆
肌荒れに特に悩んでいないのであれば、
タオルでゴシゴシ洗ってストレス発散しちゃいましょう☆

【まとめ】

・体を手で洗う事が女性の中では流行っている。(と信じている)
・手で洗う場合、手袋をつける。ボディーソープを使う。
 汚れがたまる場所はしっかりと洗う。などに注意。
・手で体を洗うのは肌荒れに悩む人にはおすすめ。
・タオルでゴシゴシ洗いたい人には向いてないかも。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya