【痔との闘い】尻が痛い?尻の穴が痛い?肛門が痛い!

スポンサードリンク

肛門が痛い・・・。

そんな事を感じたことはありませんか?

尻の筋肉や太ももが痛いという話ではありません。

ケツのアナ。尻の穴。そう。肛門。

肛門が痛いのです。

【何の痛み?それは痔かも】

そう。恥ずかしながら私。約5年程前の学生時代、肛門の痛みを感じました。そして《痔》との戦いを繰り広げてきたのです。

その肛門の痛みは突然やってきました。
学生時代、居酒屋で働いていた事もあり、お酒を飲んで夜中まで起きているという事が多かったのですが、

トイレに行き、用を足していると何か違和感を感じるのです。

ひろや
あれ?お尻がムズムズするー。なんだろこれ。

まさか肛門の痛み・・・?
疑問に思いつつもまぁいっか。と思いながらスルーしていましたが、
数ヶ月すると、違和感が悪化。肛門の痛みをすごく感じるように・・・。

ひろや
なんかお尻にイボ?みたいなのあるけどなんだこれええええええええ。

そう。肛門の痛みの原因がはっきりしました。
ついにできてしまったのです。《痔》が。

いや。実際このときは痔が何かわかってすらいなかったので、肛門付近に何かある・・・。もしかしてこれって痔ってやつじゃないの?位にしか思っていませんでしたが、
肛門付近に痛みを感じてイボのようなものができている場合8割方が痔です。
痔だと疑って病院に受診しても笑われないので、病院へ行くことをオススメします・・・。

【肛門の痛みに人は無力】

《痔》ができると何がいかんのー?ってなると思うので実感した支障を紹介したいと思います。
肛門が痛いのは当たり前ですが、その他にも

ひろや
肛門が痛いのかわからない程度の微妙な痛みが付きまとってくる。トイレの時とか謎の痛み
ひろや
悪化する不安との戦いが常
ひろや
痔に対する話に敏感になりすぎる

まぁ私の場合は軽い痔で病院には一回行っただけで肛門の痛みは、薬ですぐに治っていったので大丈夫でしたが、その時言われたことが

お医者さん
痔は悪化したらなかなか治らないからね。
お医者さん
かなり痛いし、手術してもすぐには動けないよ。1週間位は安静だね。

という恐ろしい言葉達。

確かに、会社に「すみません。痔になったので1週間ほど休みを頂きたいです。よろしくお願いします。」といった所で、「それは仕方ないね!!うん!休みな休みな!」と言ってくれる優しさ溢れる会社は少ないでしょう・・・。

みなさん《痔》が悪化する前に、必ず病院にいくようにしましょう。
痔の痛みで肛門が痛すぎて動けないなんてことになる前に・・・。

【痔にはボラギノール】

まぁ、必ず病院に。とはいってもなかなか《痔》で病院へは行きにくいですね。

そこでおすすめなのが「痔に~は、」で有名な

「ボラギノールA 注入軟膏!!」

これは痔に外から塗ることもできれば、
肛門に直接注入することもできるというタイプ。

自分の《痔》による肛門の痛み具合と相談しながら使う事ができるのです。

私も注入⇒注入⇒塗布⇒塗布⇒完治

と徐々に徐々に治していきました。
肛門が痛すぎるときは注入。
肛門の痛みがソフトなときは塗布。といった感じに。

なかなか病院へは行けない。
人には相談できない。
周りにばれる事なく治療していきたい。

そういう風に思っている方にとっては
小さく持ち運びも便利なので、使い易さ抜群!!

しつこいようですが、病院へ行くことが最良の治療につながります!
これは、本当に病院へいけない方だけにおすすめする薬ですのであしからず・・・。

【痔は生活習慣でなる】

《痔》になり、病院でもらった薬で完治させたはずの私ですが、
しばらくするとまた、肛門の違和感を覚え
《痔》の初期症状を感じるようになっていました。

調べた結果、痔は生活習慣で悪化するし、改善もできる

という情報を耳にし、調べまくった結果
じなびというおしりに優しい生活習慣を紹介してくれているサイトを発見しました。

このサイトにのっているマッサージや
・お風呂は湯船につかる
・トイレは無理に出さない
・同じ姿勢は続けない
などのポイントを意識する事で、肛門を健康に保てるようになりました。

違和感を感じている人は是非、参考にしてみてください!!

【まとめ】

・痔には突然なる。
・痔の痛みは我慢しにくい。
・痔は悪化するとかなりの大変。
・痔にはボラギノール
・痔は生活習慣で改善できる

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。 人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。 その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。 恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。 優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。 その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。 現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。 負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。 Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya