【世界のどこかに】「あ、この人と結婚するんだ」と思える人は必ずいる

スポンサードリンク

初めまして、結婚してもう少しで1年を迎える、新婚ホヤホヤ、嫉妬でモヤモヤな男、しょーきです。

突然ですが皆さん、<この人と結婚するんだな>と思える人と出会ったこと、ありますか!?

・好きは好きなんだけれど、結婚と言われたら・・・
・良い出会いが全然ない
・結婚なんてそもそも期待できない

そんな深い悩みをお持ちの皆さんに、実際に奇跡としか思えないほどの出会いを体験した私が、希望や気合を注入していきたいと考え、記事を作ることになりました!

今となっては良い思い出。私の過去の恋愛事情

下の写真を見てわかる通り、私は自他ともに認めるイケていないメンツ通称イケメン。

モテモテすぎて困った経験は一度もなく、バレンタインにそわそわしただけ損するタイプの男です。

しかし、そんなイケメンな私でも、優しさと言う麻薬で視覚を狂わせることに成功させ、過去に何度か恋愛の経験をさせて頂いたことがあります。

ただ、過去の恋愛が順調だったかと言うと、そういう訳でもありません。

学生時代に付き合った女性には度重なる浮気をされ、ある朝目覚めるとマーライオン以上に吐きまくり、吐いても吐いても吐き気が止まらなくなるほど、心身のバランスが崩れてしまったことがありました。また、金銭のトラブルで揉めたりもしました。

決して順風満帆とは言えなかった過去の恋愛。

しかしだからこそ、今の生活がスルメイカみたいに、噛みしめば噛みしめただけ、幸せを感じられるのです。

 

外に飛び出さなければ、奇跡の出会いは訪れない!

私と嫁が出会ったのは、若者が音楽に乗り、外人が異様にモテる場所、クラブでした。

出会いの場がクラブだと言うと<どんだけチャラい2人組なんだよ>とか<クラブで出会うなんてありえない~!>とか言う人もいますが、そこを知ってほしいわけじゃありません!

クラブと言う、遊び人的なイメージがある場所でも、ちゃんと出会いはあると言うことを、知ってほしいのです!

「○○に来る人は○○だから無理」

そんな、自分の価値観に捕らわれていないでしょうか?

自分の価値観なんてのは自分で壊せるんだから、一回でもいいから自分には合わないと思う場所に飛び込んでみてください。
実際に嫁は、初めてクラブに来ており、パーリーピーポーなクラブの空気に慣れずに1人で飲んでいたところ、私が優しく話掛け、クラブの薄暗さに助けられて、会話が途絶えることなく、仕舞いにはパスタを奢らされるほどになったのです。

その日、そのタイミングで、奇跡の出会いが訪れるかどうかなんて、行ってみないと分からないのです。

奇跡の出会いを得たいのであれば、とりあえず外に飛び出しましょう!

結婚に迷うなら次へ!迷わない相手は存在する!

今付き合っている人に見切りをつけ、次の人を探すのは、酷なことかもしれません。

しかし、<本当にこの人についていって良いのか>とか<結婚してもここまで尽くしてくれるのか?>など、相手に不安や疑問を感じることが多々あるのならば、思い切って次の人を探すことをお勧めします。

現に私は、嫁とクラブで出会ったその帰りから、友人に「俺は絶対にあの子と結婚する」と、言っておりました。

パッと目と目が合っただけで、俺はあの子と結婚すると言えば、まぁまぁヤバい奴ですが、目が合って本当の意味で気が合えば、出会って初日で結婚すると言い切れる人は必ず存在します。

何で私が嫁と出会って初日で結婚を確信したかと言いますと

・同い年
・バイト先が同じチェーン店
・2人とも、実家は似た商品を取り扱う自営業
・2人とも、同時期に浮気された経験を持つ

などなど、クラブでたまたま一緒に飲んだ人が、ここまで似た状況なんて、奇跡としか言いようがありません。
こりゃもう、結婚するに決まってると確信を持つわけです。

この世界は広い!とにかく広い。

本当にこの人でいいのか?そんなことを考えてしまうのであれば、いっそのこと別れて、悩む時間を次の相手を探す時間に変えましょう!

結婚が全てではありませんが、結婚相手が合わなければ、人生における大部分がモッタイナイことになりかねません。

まとめ

・「あ、この人と結婚するんだ」って直感で分かる人は必ず存在する
・本気で出会いを求めるなら、あえて自分とは合わない場所に足を運んでみる
・結婚に迷ってしまうなら、思い切って次の人を探す

私と嫁は付き合って2年も経っておらず、結婚してから1年も経っていませんが、長年寄り添ってきた感覚しかありません。不思議なことに、嫁とは今までもずっと傍にいたような、そんな感覚なんです。

まぁこんなにも熱く語っといて、半年後に<【離婚成立】独身最高!結婚考えてる人は今すぐ考え直すべし!>なんて記事を書いていないとは言い切れませんが、少なくとも出会ってから今まで、一度たりとも<本当にこの人で良かったのか?>と悩んだことはありません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今日の迷言
~不倫が犯罪ってことをニュースで初めて知る~

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1991年10月9日生まれ 小中学校と全く勉強もせずに、遊びほうけていた私。偏差値の低い高校に入学し、テストで良い点を取れるようになるも、2年生になる頃には赤点の常連に。 そんな頭と顔の悪い私が、高校2年生のときに運命の人と付き合えることに。 色々なところに旅行へ出かけ、相思相愛だと信じ込むも、彼女が浮気していることを知る。応援団の団長で1,2,3年をまとめたり、文化祭にてウォータボーイズをするなど、積極的に活動する。 遊びほうけていたためあまりにも頭が悪く、大学に行けなかったため、専門学校に入り、1日10時間勉強する環境に身を置く。初めての勉強でストレスにより頻尿になり、20歳にて初ハルンケア。24歳で初めての詐欺被害(投資詐欺)により150万円を騙し取られる 人生何とかなるなる精神で頑張りましょう! Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehs