グランドイリュージョン 洋画 DVD 感想

スポンサードリンク

注:ネタバレをしたいわけではありませんが、個人の感想なので
  ネタバレはあると思います!ご理解の上で、閲覧ください。

【グランドイリュージョン】

  • 出演:ジェシー・アイゼンバーグ, マーク・ラファロ, マイケル・ケイン, モーガン・フリーマン, ウディ・ハレルソン
  • 監督:ルイ・レテリエ
  • 時間:115分
  • ジャンル:アクション・エンターテイメント・サスペンス

【あらすじ】

 「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグが、鮮やかなトリックで銀行強盗を成功させるスーパー・イリュージョニスト・チーム“フォー・ホースメン”のリーダーを演じるエンタテインメント・クライム・サスペンス。謎に満ちたフォー・ホースメンの真の目的と、強盗犯として彼らの逮捕に乗り出す捜査当局との攻防を描く。共演はマーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、メラニー・ロラン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン。監督は「トランスポーター」「タイタンの戦い」のルイ・ルテリエ。
 “フォー・ホースメン”を名乗る4人組のスーパー・イリュージョニスト・チームが、大観衆が見守るラスベガスのステージで前代未聞のイリュージョン・ショーを披露する。なんと、遠く離れたパリの銀行を襲い、その金庫から320万ユーロという大金を奪い取ってしまったのだ。一夜にして全米中にその名を轟かせたホースメンだったが、FBIとインターポールの合同捜査チームは、すぐさま強盗容疑で身柄を拘束する。しかしトリックを暴くことができず、証拠不十分のまま釈放を余儀なくされる。そこで捜査チームは、元マジシャンのサディアスに協力を要請し、ホースメンのさらなる犯行の阻止とその逮捕に全力で取り組むのだが…。

引用元:allcinema

 

【勝手に評価】

☆95点/100点

☆見たこともないような、すごいマジックが盛りだくさん。

☆マジックの種明かしもしてくれるから、誰にでもわかりやすい。

☆スピーディな展開が特徴だけど、ミステリー要素も残しつつ物語が進む映画。

☆「どんでん返し 映画」とかで検索したことある人はこれを見るべき。

【感想】

いやー。めちゃくちゃカッコイイ映画でした。

マジックっていうか、ここまでやれたらもう魔法だよ。魔法。
映画の冒頭シーンで、カードを1枚記憶してね。それを当てるよ。
って感じのカードマジックをしているシーンがありますが、
映画を見たほとんどの人が
自分が記憶したカードを当てられているみたいです。

実はかく言う私も当てられた一人!!
「え?なんで!?」「どうなってんの!?」と、
鳥肌MAXにさせられました。

映画の流れはめちゃくちゃスピーディ。
ほっと一息休んでいる暇なんてありません。
ひとつひとつのマジックが壮大でゴージャスなので、
見ている間中、ずっとワクワクドキドキできて楽しすぎ。
もし「グランドイリュージョン」を見るなら、
綺麗な画質で見ることをおすすめします!

マジックの映像美も素晴らしくて、
内容に関してもどんでん返しが多くミステリー要素は満載。
言う事なしの映画ですが、
私的な一押しは、ウディ・ハレルソン演じる
メリット・マッキニーの人の心をコントロールするメンタリズムの凄さ!
どんな状況でも、トークだけ。
日本ではメンタリズムっていうと、メンタリストdaigoとかが有名ですね。
映画内のことなので実際にはマッキニー程、人の心を読んだり、
行動をコントロールしたりできないのでしょうが。
催眠術や読心術で相手を切り崩していく鮮やかさがまじで格好良かった。
心躍る映画なので、楽しい気分のお供にどうぞって感じです!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。 人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。 その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。 恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。 優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。 その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。 現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。 負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。 Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya