トランセンデンス 洋画 DVD 感想

スポンサードリンク

注:ネタバレをしたいわけではありませんが、個人の感想なので
   多少のネタバレはあると思います!ご理解の上で、閲覧ください。

【トランセンデンス】

  • 出演者: ジョニー・デップ モーガン・フリーマン ポール・ベタニー レベッカ・ホール ケイト・マーラ キリアン・マーフィ コール・ハウザー クリフトン・コリンズ・Jr ジョシュ・スチュワート
  • 監 督: ウォーリー・フィスター
  • 時間:119分
  • ジャンル:SF

 

 

 

 

 

【あらすじ】 

インストールされた頭脳。それは世界に拡散し、全人類の脅威となった。

“彼”は私が愛した夫だった―。

死すべき運命だった科学者ウィル。しかしその意識は、死の間際に妻エヴリンにとってスーパーコンピュータへとインストールされた。
意識だけの存在になったウィルは、オンラインにつながる軍事機密、金融、政治から個人情報まで、世界中のあらゆる情報を手に入れ、究極的な進化を遂げる。
そしてナノテクノロジーを駆使し、現実の世界にまで及んだ彼の力は、遂に生命までもコントロールし始めた。
常人を遥かに超える力で増殖し、拡散し、支配するウィルに「彼は私の愛した人だったの?」と信じる心が揺らぎ始めるエヴリン。
まるで神のごとき力を手にし、変わり果てた男に世界は恐怖を感じ、密かに抹殺計画が進行し始める。
そしてエヴリンにも選択の時が・・・

(引用元:Amazon商品紹介ページ)

【勝手に評価】

☆85点/100点

☆SFとしてはおすすめじゃない(派手じゃない)

☆ジョニー・デップがイカレてない(笑)。

☆話の内容が面白い。

☆個人的におすすめ!!

☆感動作品!!

【感想】

ジョニーデップも出ているし、ジャンルもSF。
設定が「人類の脳をスーパーコンピューターに取り込んだら」
だった分、ド派手にスパコンと同化したジョニーデップと、
人類の全面戦争がかなり激しく行われるのかなぁと思ってたけど、
全然そうじゃなかった・・・。

戦いの場面もある事はあるけど、
割とサラっと流されてて迫力があまりない。
だから口コミみてると割と低評価だけど、
SF映画として評価するならそれも納得。
まぁ僕はウィル博士とエヴリン(彼女)との
ラブストーリーとして観ちゃいましたわ。
むしろそういう見方をしていたからなのか、
個人的にはかなり高評価

始まり方はメインストーリーの
5年後の世界の映像から始まるけど、
そこでは電子機器が何も使えない世界が描かれている。
起承転結の結から始めるパターン
こういうタイプの映画好きだわ。
時間をうまく利用して、
なぜそういう結果になってしまったのか、
観る側の興味をそそるよね。
古い映画だけど、サンセット大通りとかみたいなね。

そして、ウィル博士(ジョニーデップ)の
死までの姿がまじで格好良い

ド派手なイカれキャラではないんだけども、
やっぱり非凡な感じ。
天才的哲学者みたいなイメージかな。
まぁあんなにイケメンなんだもん。
そりゃスパコンにアップロードしてでも
生き永らえさせたいと奥さんも思いますわ。
でもあと少しで死ぬって時なんだぜ?
ゆっくりさせてあげて。って思ったけど、
スパコン化させたい奥さんの気持ち
受け入れちゃってるらへんもウィル博士イケメンすぎる。

エヴリン(奥さん)は、コロコロ意見変わるし、
情緒不安定キャラなのかな?
ウィル改(スパコンにアップロードされたウィル)の
人智を超えた能力に対して、
信じる心揺らいじゃってるけど、
ウィル改がそうなる可能性を十分知識として理解していて、
ウィル改を作り上げたんだから最期まで共に行けよ・・・。
例えそれがウィルでなくても作ったのは君なんだぜ・・・。
って感じちゃいました。

これ以上先の感想書くとネタバレになりすぎてしまうので。
まぁストーリーも面白いし、ウィル博士とエヴリンの物語として観れば
すごく良い映画だと思います!とてもおすすめ

全体的に静かなストーリー展開だから、
ド派手な戦いを観たい人向けではないです!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

生年月日1992年2月23日。
人付きあいが苦手で、相手が何を考えているかわからないという不安から、人と話すときは目を合わせたりすることができなかった子供時代。家庭の事情により対人恐怖症が悪化。学生時代も対人恐怖症は続いていたが、恋人ができたおかげで徐々に対人恐怖症も改善。
その頃のバイトの帰り道で、倒れている老人を見つけお家までおんぶしていった経験から介護士になるという道を志す。
恋人との別れ(浮気される)により木製のベッドに「死」という文字を爪で彫り続けるほどの狂いっぷりを発揮。失恋の絶望を味わう。より一層人を信じれなくなる。傷心のまま介護の専門学校へ入学。
優しい人間ばかりの介護学生達。その優しさのおかげで心の傷から復活。この頃の周りの人間に多く助けられた経験から「人に優しく楽しく生きる」という事を心に誓う。
その後、国家資格である介護福祉士を取得し、老人保健施設に就職。
現在介護歴5年目になる映画鑑賞・小説・スポーツ・スノボー・飲み会が趣味の満24歳。
負けず嫌いなので、何事も真剣に全力で。がモットーです。
Twitterアカウント https://twitter.com/kameshimehiroya